fc2ブログ

萬歳楽座第六回公演

 昨日は、国立能楽堂で開催された『萬歳楽座(まんざいらくざ)』に行きました。
『萬歳楽座』というのは、藤田六郎兵衛(能楽笛方藤田流十一世宗家)が主宰する観能の会です。
 昨日は、来賓の方が多く藤田さんがわざわざ出迎えに入口まで出て来て、不思議に思っていましたところ・・・何と、高円宮久子様がいらしてました。


 私たちの席(脇正面10列目一番右)からは、こんな感じに舞台が見えます。久子様は、正面の一番後ろに特別来賓席があり、そこに座っていらっしゃいました。ただ、そこの部分は他よりも薄暗くなっていて、私たちの席から顔を見ることはできませんでした。
国立能楽堂脇正面


 演目の最初は、藤田六郎兵衛さんによる説明と『平調音取』(へいちょう)とは読まず、(ひょうぢょうのねとり)と読みます。これは、笛の音の調子で一番低い音色(平調)で、秋のような枯れたような物悲しい響きでした。
平調音取 神楽式三番叟 


 そして次の演目『神楽式三番叟』は、野村家親子三代による舞いを披露しました。
狂言師も、このように舞いをすることにも驚きましたが、親子三代が同じ舞台で演じるのを観れたことは、喜ばしいことだと思いました。
野村三代 


 能『乱(みだれ)』は、豪華メンバーです。
3人の人間国宝と、観世流の家元に梅若玄祥さん・・・。中でも大鼓の亀井忠雄さんと藤田さんの気迫の籠った演奏は、緊張感と迫力とが増し、素晴らしい舞台となりました。
 亀井忠雄さんは大のお気に入りで、この方が出ている能を選んで聴きにいっています。
能 乱 


 帰り道、心地よい疲労感と舞台の高揚の余韻が、秋の夜に気持ちよく感じられました。
まさに、芸術の秋にふさわしいひと時を過ごしました。



コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回の能は凄い体験でしたね!
うちの相方が大のお気に入りがあるって羨ましいなぁって、
それが能とは尚素晴らしいとつぶやいてました。+゚。*(*´∀`*)*。゚+

tamayaccoさん

歌舞伎と違い、能はまだまだ入門者なので、
大のお気に入りとはお恥ずかしい限りです。
亀井忠雄さんは昨年古稀を迎えた大鼓の人間国宝の方で、常に真摯にそして真剣な姿勢が大好きで、この方が能舞台にいると舞台全体が引き締まり緊張感に包まれる感じがします。

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
50位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム