fc2ブログ

聖トーマス教会合唱団&ゲヴァントハウス管弦楽団のマタイ





聖トーマス教会合唱団チラシ

 昨日は、素晴らしい「マタイ受難曲」を聴いてきました。

 聖トーマス教会合唱団&ゲヴァントハウス管弦楽団のマタイです。

 聖トーマス教会の初代音楽監督はバッハで、生涯の最後まで27年間勤めていました。
 ゲヴァントハウス管弦楽団は世界最古の民間オーケストラで、歴代音楽監督には、メンデルスゾーン、フルトヴェングラー、ワルターなどと続き、現在はリッカルド・シャイーが担っています。

 私達が聴き込んできた「マタイ」は、リヒター指揮版で、これが聴き比べの標準になっています。
 いままで聴いてきた「マタイ」では、バッハ・コレギウム・ジャパンが一番と思っていましたが、昨日の演奏はそれに匹敵するか、凌駕するほどのものでした。

 前半は、大切な導入合唱の第一曲のテンポが少し早く馴染めない感じを持ちつつも、しっかりとした管弦楽と合唱でますまずのスタートです。福音史家のテノールとイエスのバスも素晴らしく、合唱団の天使の歌声が感動的です。順調に曲数を重ねましたが、6曲目のアリアあたりから少し怪しくなってきました。ソプラノとアルトの女性歌手の声が全く出ていません。私達の席が舞台後部のP席だったということを差し引いて聴いたとしても、高音部は伸びがなく低音部の声が出ていないのは明らかでした。
 前半は、テノールとバスが多くアリアが少ないのが幸いでした。

 後半のスタートは、アルトのアリアから始まります。心配していた声の方も喉が開いてきたのか、張りと豊かさが出て響くようになりました。良かったです!安心しました。
 ここからは、終盤68曲まで徐々に盛り上がっていきます。管弦楽各パートのソロ、アリア、合唱、合唱団員のソロと美しい音が響き、第45曲中の「バラバを!」から終曲の68曲までは緊張感を持って一気に盛り上がりました。

 「マタイ受難曲」は福音書を扱っているので、内容はとても重く深いものですが、旋律はとても温かみを感じ、主題となる旋律は光と穏やかさを感じられるほどの平穏な気持ちを与えてくれます。
 キリスト教が音楽と上手く結びついて、バッハのような天才の手に委ねられた時、こんな素晴らしい感覚を味わえる曲が産まれるとは、これこそ宗教の奇跡を感じざるを得ません。

 私達は、南国のリゾート地に行くときは、いつも「マタイ」を持って行きました。一日中この曲を繰り返し聞きながら、風に吹かれ波の音を聞きながら木陰で読書をしたりうたた寝をしたりと、何年も何年も積み重ねてきたので、この曲が自然と身体の中に入っています。聴けば風や波の音を感じ、この曲の与えてくれる効果とマッチして平穏な気持ちにさせてくれます。




 J.S.バッハ「マタイ受難曲」 ミューザ川崎シンフォニーホール
   合唱   聖トーマス教会合唱団
   管弦楽  ゲヴァントハウス管弦楽団
   指揮   ゴットホルト・シュヴァルツ

   ソプラノ    シビッラ・ルーベンス
   アルト     マリー=クロード・シャピュイ
   テノール    マルティン・ペッツォルト
   バス(イエス) クラウト・ヘーガー
   バス      フローリアン・ベッシュ







テーマ : 合唱・声楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
58位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム