fc2ブログ

喜劇公演に中村梅雀、山村紅葉、古手川祐子




 今月の新橋演舞場は、『喜劇名作公演』です。いつものメンバーに加え、多彩な出演者で華やかな雰囲気です。

松竹新喜劇2月


 「喜劇」と聞くと、なんだか観に来たくなってしまいます。今回は、いつものメンバー(渋谷天外、水谷八重子、波乃久里子、曽我廼家寛太郎、曽我廼家文童、藤山扇治郎)に加え、テレビドラマでおなじみの俳優、中村梅雀、山村紅葉、古手川祐子が出演していて、舞台が華やかなです。
 最初の演目『名代 きつねずし(いなりずし)』は観終わった後、とってもいなりずしが食べたくなりました。今月の新橋演舞場特製弁当は、「きつねずし弁当」です。ちょうど、このお弁当を買ったので幕間で美味しく頂くことができました。演目に合わせたお弁当とは、何とも粋な感じです。しかも「金田中」の料理人の手によるお弁当ですから、味に間違いはありません。

 第二の演目『単身赴任はチントンシャン』は、中村梅雀の一人二役で、早替わりもあって楽しく笑える舞台です。梅雀が良い味を出していて、テレビで観ていて親しみがありましたが、舞台で観るといっそう親しみを感じます。

 最後の演目『じゅんさいはん』は、水谷八重子の舞台女優の凄さを感じました。つかまえどころのないお調子者をさす「じゅんさいはん」と呼ばれていた旅館の若女将を演じる、水谷八重子は、おっとりとしていて何もわからないようでいて、本当は何もかも呑み込んだなかなかの大物です。ふわ〜っと、自然体で演じている中に奥深さといぶし銀の味わいがあります。

 今回の演目は、どれも大笑いできるという作品ではありませんが、「名作」というだけあって良く出来たストーリーで、気軽に楽しめる舞台でした。
 空いてる席がちょっと目立ち、温かみのあるこういう舞台が廃れていってしまうのではないか?ちょっと心配です。劇場に足を運んで、お気に入りの舞台探しをもっとしてみてほしいなぁ〜と思います。生でないと味わえない雰囲気を感じてほしいです。






テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

興味あるんですよね!
一度見に行ってみたい!
喜劇(^ー^)

座敷わらしさん

吉本と違って、爆笑大笑いって感じではなく、
昭和を感じる、ほのぼのとした人情劇です。
日常の中にありそうなクスッとした可笑しみを感じながら、
最後はほわんとした気持ちになる好きなお芝居です。
満席になることはないので、行きたくなったら当日買いでも十分大丈夫です(笑)

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
50位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム