fc2ブログ

シュツットガルト・バレエ団『オネーギン』




 シュツットガルトの鬼才と称された振付師ジョン・クランコの代表作『オネーギン』を初めて観に、上野公園を訪れました。連休の初日で天気にも恵まれ、上野公園は家族連れの人たちで賑わっています。銀杏の木々も色づきはじめ、季節の移り変わりを感じます。

文化会館

 『オネーギン』は、ロシアの詩人プーシキンの韻文小説「エヴゲーニー・オネーギン」をバレエ化したものです。音楽はバレエ団のコンサート・マスターだったクルト=ハインツ・シュルツェが、チャイコフスキーの曲をもとに全曲を管弦楽曲化しました。

 物語は、世を拗ねた知識人オネーギンと、美しく誠実な女性タチヤーナの悲恋を描いています。

 『オネーギン』という作品の素晴らしさは、しっかりした筋の物語で、その場面場面の曲と振り付けがピッタリと合っていることです。また「鏡」「手紙」といった小道具を巧みに用い、繊細な心理状態を実にうまく描いています。ドラマティック・バレエの最高峰の作品と言えるでしょう。お芝居好きの私たちには、ドラマティック・バレエはとても性に合っているとしみじみ感じました。

 フリーデマン・フォーゲルのオネーギンとアリシア・アマトリアンのタチヤーナのコンビは、「今が旬」で脂ののった最高のペアだと思います。甘ーいマスクですっきりとした体のフォーゲルとしなやかで柔らかい動きのアマトリアンのオネーギンとタチヤーナのデュエットは、圧巻です。
 第一幕「鏡のパ・ド・ドゥ」では、若くて初々しいタチヤーナの恋心の高まりを表現しています。また終幕のパ・ド・ドゥでは、二人が年齢を重ねた雰囲気(衣装と化粧)で過ぎ去った愛を求めるオネーギンの懇願と、彼へ強い愛情を残しながらもオネーギンに背を向けるタチヤーナの辛い思いが交錯します。この「不和のデュエット」は、今まで観た中で最高のパ・ド・ドゥです。心の動きが音と振り付けの動作と見事にマッチしていて、高度なテクニックと表現力、二人の強い信頼関係がなければ、これ程のデュエットは成立しません。長い時間をかけて熟成されたペアの重要性を再認識しました。

 胸に迫って来るようなこのデュエットで幕切れとなります。割れんばかりの拍手が鳴り止まず、会場全体が熱い感情の渦の中にいるようです。これだけの拍手はボリショイのザハーロワの白鳥以来久しぶりです。「シュツットガルト・バレエ団」の素晴らしさに、ただただ圧倒されるばかりでした。
 年末にマリインスキーバレエがありますが、現時点では「今年一番のバレエを観た!」という気がします。




国立博物館 
 バレエを観る前に「東京国立博物館」に立ち寄りました。


兵馬俑 
 「特別展」は、『始皇帝と大兵馬俑』です。
 紀元前3世紀に作られたものが、今目の前にあるということが信じられません。1974年井戸を掘っていた農夫が発見したのが始まりで、発掘作業は今も続いていますが、八千体も出てきたというのですから、その驚きは如何ばかりであったか?想像もできません。

 展示品は模造品も多くありますが、本物もちゃんとあります。等身大の大きさで、どれ一つとして同じ顔のものは無く、精巧に作られていることに「ビックリポン!」です。始皇帝の強大な権力の凄さを感じます。



見返り美人 
 本館では、『見返り美人図』が展示されています。

 教科書にも載っていたこの絵は、思いの外小さかったです。こんなに有名な絵ですが、国宝にも重要文化財にもなってないことが不思議です。そもそも浮世絵は一枚も指定されていません。浮世絵は版画が多いので選ばれないのかもしれませんが、この「見返り美人図」のように肉筆画のものは指定されてもいいと思うのですが。。。浮世絵こそ日本を代表する一級の芸術品であり、国宝重要文化財に指定されるべきものだと思います。


 芸術の秋を堪能した一日でした。



テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
158位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム