fc2ブログ

七月大歌舞伎(昼の部)




 今月は、海老・玉(市川海老蔵・坂東玉三郎)に加え、亀ちゃん(市川猿之助)、中車(香川照之)が出演していることもあって、昼・夜の部とも大盛況です。観劇ツアー客も多く、観光バスが歌舞伎座前にずらりと横付けされて、人気の高さに改めて驚かされます。
 いつもお弁当を買う「辨松」店内も大混雑で、ビックリです! きっと月によって、お弁当の売れ行きも随分違うのでしょう。ちょっと聞いてみたかったのですが、あまりの混みように聞けませんでした(残念)。


 昼の部のメインは、『与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)』です。切られの与三郎(海老蔵)とお富(玉三郎)コンビによる、恋の物語です。海老・玉コンビに最もふさわしい名作です。海老蔵の格好良さと玉三郎の美しさが際立つ作品ですが・・・ちょっと期待していた程の感激がありません。何故か? 海老蔵は、以前与三郎を演じた時よりも確かに巧くなっています。玉三郎の美しさ、色気もまだまだ健在ですが、年齢的に海老蔵とのコンビは限界なのだと思います。仁左衛門とのコンビなら、玉三郎はまだいけると思いますが、若さと力強さのある海老蔵には、菊之助でないと釣り合いが取れない気がします。
 海老・玉コンビも演目を厳選しないとならないかもしれません。


 昼の部で一番良かったのは、『蜘蛛絲梓弦(くものいとあずさのゆみはり)』です。猿之助による女郎蜘蛛の精の六変化舞踊です。これは以前新橋演舞場で観たことがありますが、動き、振り付けなどあらゆる面に新しい工夫が凝らされ、凄い進化を遂げています。周りの役者も若手の実力役者が揃い(中村獅童、市川門之助、坂東巳之助、海老蔵)、迫力満点、切れ味満点の舞台です。
 猿之助の魅力である早替わり、体の柔らかさ、踊りの巧さも十二分に発揮され、大満足です! 海老蔵の押し戻しが、さすが荒事の宗家と思わせる迫力と型の大きさに圧倒されます。
 観終わった後の爽快感がたまりません。スカッとした気分と息もつかせないスピード感、面白さに猿之助の凄さを感じます。歌舞伎には、こういう存在も無くてはならないと思います。人気の秘密がここにあります。



一幕見扇風機
 昼の部を観終わった後、夜の部の一幕見席『牡丹燈籠』を取るため、炎天下の中並びました。建物の蔭になっているものの、暑さは半端じゃありません。大きな扇風機が2台設置され・・・、


団扇 
 団扇の貸し出しもしています。

 待つこと一時間余り、何とか椅子席の範囲内の番号チケットを確保できました。この日は、立ち見席も満席という盛況ぶりです。


歌舞伎蕎麦 
 チケット入手後は、「歌舞伎そば」で空腹を満たすことに。旧歌舞伎座の時は、正面脇にあった蕎麦屋ですが、今は移転して歌舞伎座の真裏にあります(人は変わりました。)。久しぶりの「もりかき揚げ」(かき揚げは、5つに割ってもりそばの上にのってます)が、お腹にしみます。

 
 朝からの長〜い観劇と待ち時間でさすがに疲れて、『牡丹燈籠』も面白い前半だけで切り上げました。一ヶ月に及ぶ歌舞伎の公演は、毎日少しづつ工夫を重ねてゆくので、10日程前に観た時よりも玉三郎と中車の息も合っていて、間の取り方や台詞にも微妙な違いがあり、笑いもますます多くなっているようです。
 歌舞伎通は、この日々の変化や役者のその日の出来具合などを楽しむようですが、なかなかそこまでは、時間もお金もかけられないのが庶民というものです(泣)。




テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
72位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム