fc2ブログ

あっぱれ! 尾上菊之助(歌舞伎鑑賞教室)



 今月、国立劇場では『義経千本桜』を「歌舞伎鑑賞教室」で上演しています。
今回初めて、夜の「社会人のための歌舞伎鑑賞教室」に来ましたが、着物姿の女性が多いのには驚きました。
 歌舞伎座では、着物姿は当たり前のようによく見かけますが、国立劇場でこれだけ多く見かけるのは初めてです。


国立義経千本桜



七夕飾り 
 七夕飾りが、季節感を彩ります。



 『義経千本桜』「渡海屋・大物浦の場」は、平家の大将・新中納言知盛を中心とした物語です。この演目を初めて観たのは、中村吉右衛門の知盛ですが、物語性といい構成、演出の素晴らしさ、吉右衛門の重厚で感情のこもったスケールの大きな知盛に感動したのを覚えています。今回はその吉右衛門監修による舞台で、知盛を演じるのは尾上菊之助です。

 菊之助が、渡海屋銀平として揚幕から出てきた瞬間「何て、格好いいのだろう!」華やかで美しい男振りに一目惚れしてしまいました。銀平は、実は源氏への復讐を狙う平知盛です。前半の銀平の格好良さもさることながら、知盛としての菊之助はさらに凄かったです。あまりの見事さに何度ビックリしたことか・・・。

 菊之助は、女形としては申し分のない役者です。舞踊が圧倒的に巧く、玉三郎に肩を並べる程の腕前ですし、抜群の演技力は同年代の役者の中でも一番と言えます。もし、欠けている点があるとすれば、感情表現が乏しく表情が平面的になってしまうところです。一方立役は、正直今ひとつパッとしないというか?力強さや激しさに物足りなさを感じていました。これでは、父・菊五郎のような役者にはなれないと思ったのです。しかし今回の立役を観て、今まで感じていた不安を全て払拭し、一皮むけた菊之助を発見しました。

 岳父・吉右衛門の指導を受けたことにより、吉右衛門の「腹芸」の極意を伝授されたのでしょう。感情表現が、まるで違います。あまりにも見事で、身体中に電撃が走りました。菊之助の知盛は、吉右衛門を超えているとさえ感じます。それは、平家の公達としての品格と見目麗しい姿、知盛の年齢に近いのでよりリアルな知盛の姿を浮き出すことができ、若さと荒々しさを表現できたことによるものだと思います。「青は藍より出て、藍よりも青し」とは、まさにこのことでしょう。

 また、銀平女房・お柳(実は、典侍の局)役の中村梅枝(中村時蔵の長男)が、実に素晴らしい演技で物語に引き込まれていきました。特に幼い安徳帝に語りかける場面では、観客全体が平家の悲劇に立ち会っているような一体感があり、すすり泣く声があちこちから聞こえてきます。

 武蔵坊弁慶をやるはずだった市川團蔵が、怪我のため休演となったのはとても残念ですが、そのため完全な花形役者だけの舞台となり一致団結した結束感が生まれ、非常によくまとまった完成度の高い舞台でした。

 ぜひもう一、二回観たい舞台ですが、すでに千秋楽まで完売です。いつか歌舞伎座の舞台で上演されることを願い信じて、待ちたいと思います。

 今月は歌舞伎座で海老蔵が熊谷陣屋の直実を、国立劇場では菊之助が知盛をいづれも初役で演じていますが、どちらも中村吉右衛門が指導、教育したものです。吉右衛門に拍手喝采を贈りたいです。歌舞伎の伝統をどう伝承し、伝承されていくか?という瞬間を見ることが出来た両舞台でした。

 ちょっと付け足しですが、片岡仁左衛門「人間国宝(重要無形文化財保持者)」認定、おめでとうございます! すご〜く、嬉しいです!









テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
72位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム