fc2ブログ

團菊祭(昼の部)






 気持ちいい五月晴れの中、先日に引き続き「團菊祭」昼の部を観て来ました。

新緑の團菊祭



 とうとう坂東三津五郎も・・・
名優達 
 歌舞伎座三階の亡くなった名歌舞伎役者の一員に入ってしまいました(泣)



 「團菊祭」昼の部の『摂州合邦辻』では、菊之助が良い味を出しています。美しい後妻・玉手御前(菊之助)が、先妻の子に恋する、継母の邪念という特異なテーマの作品です。感情が表に出ない菊之助の玉手御前は、何故継子に執着するのか?わからない怖さと凄味があって「ちょっと背筋がゾクッ!」とするものがあります。そのためその後、恋する真実を苦しい息のもとで語る玉手御前が、一層引き立っているように感じます。



 もう一つの演目は、『天一坊大岡政談』ですが、これも菊之助主役の舞台です。以前、コクーン歌舞伎で勘九郎が『天一坊』を演じていて良く合ってました。菊之助は、声も良く見た目も美しいのですが、「悪」が足りません。「悪の華」が演じられるようになると一流の立役になると思います。父・菊五郎の凄さは、「悪」に切り替わる鮮やかさが絶品で、華やかな悪を演じます。この域に達するには、まだまだ修行が必要でしょう。
 この演目では、「團菊祭」にふさわしく、菊五郎、菊之助、海老蔵が揃い踏みですが、まさに力関係を如実に現しているかのように、主役を菊之助、準主役を菊五郎、海老蔵はそこそこ重要な役ですが出番が少なく、対等な「團菊祭」とは言えません。対等に張り合うまでには、これまた時間がかかりそうです。


 歌舞伎界では、團十郎家を筆頭に菊五郎家が並び立つトップツーの家柄です。これからの歌舞伎界を牽引してゆくべき両家が、ますます頑張っていってほしいなぁ〜と願っています。




五月大歌舞伎 團菊祭 歌舞伎座 昼の部
  一 摂州合邦辻
  二 天一坊大岡政談











テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
72位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム