fc2ブログ

ザハーロワの「ジゼル」〜東京バレエ団〜



 ザハーロワの舞台は、昨年のボリショイバレエ公演『白鳥の湖』『ラ・バヤデール』に引き続き半年で3つ目です。ザハーロワの大ファンの私たちにとっては、半年で3つも観られるとは嬉しい限りです。
 今回は、東京バレエ団の50周年記念公演にスヴェトラーナ・ザハーロワとロベルト・ボッレが招かれて『ジゼル』を踊ります。



ザハーロワ写真集 
 「イタリアから直輸入のザハーロワ写真集」。まだAmazonにも出てないとのことです。6,500円という価格ですが、おじ様達が競うように買い求めていました。欲しかったけど、なかなかの価格です💦 映像でのザハーロワも欲しいしと、今回は泣く泣く諦めました。

上野水香さんトウシューズ 
 東京バレエ団プリンシバル「上野水香さん」のシューズ「ポワント」です。バレリーナが日常使用するポワントは、一ヶ月で3足〜5足履きつぶすそうで、ポワント代が年間250,000円もかかり大きな負担になっています。援助するためにポワント基金が創設され募金を募っています。



 『ジゼル』は、かなり前に2回程観ているのですが、南十字星妻はいつも眠っていたのか?ほとんど何も覚えていませんでした。そこで今回は、我が家にある数少ない映像ストックで事前に予習をしてから(笑)ザハーロワの『ジゼル』に臨みました。

 第1幕の村娘のジゼルは、ザハーロワが踊ると高貴な令嬢のような美しさと気品があります。日本人ダンサーの中にいると一際存在感を増すように感じられ、美しすぎる村娘です。通常は眠くなりがちなジゼルの第1幕ですが、表現力に優れたザハーロワのダンスは、まるで台詞の一言一言が聞こえてくるようで一時も目が離せなくなります。

 第2幕の出だしで、お墓の周辺に人魂が幾つも現れた演出に度肝を抜かれました。まるで歌舞伎を見ているようです。歌舞伎では青白い炎ですが、オレンジ色の人魂にちょっとビックリ!日本的演出に不思議な感覚を覚えました。
 ウィリーの世界、白いロマンティック・チュチュを着たウィリーたちのコール・ド・バレエは、息を呑む美しさです。フォーメーションの素晴らしさ、ピッタリと合った動きは世界に誇れる見事さです。「東京バレエ団、凄い!」と唸らせるものがありました。東京バレエ団のチュチュは「ひらひらふわふわ感」が強いような気がしたのは気のせいでしょうか?他で観たものより「ひらひらふわふわ」と。。。観ていて残像が残るような不思議な感覚でとても良かったです。
 ザハーロワのウィリーは、息をすることを忘れてしまう程引きずりこまれてしまいました。瞬きすることさえ惜しいような、一瞬たりとも目を離せない状態です。予習で3人のジゼルを見ましたが、ザハーロワが一番でした。その卓越した表現力と動き一つ一つが実に丁寧で完璧な姿に観ている者の心さえあの世に持っていかれそうです。
 あの、ぴょんぴょんと4回跳ねる場面(技術的な名前が分かりませんが・・・)もきっちりと、そして高さに驚きました。

 ロベルト・ボッレのアルブレヒトもかなり良かったと思います。回転の後、何回かふらついたところだけがちょっと気になりましたが、花を拾い上げて嘆くラストシーンには感動しました。

 ボリショイバレエでは、第2幕のジゼルは墓穴から(歌舞伎のスッポンのように)出入りしますが、今回の東京バレエ団はお墓の後ろから煙とともに現れ、最後も後方にバックして消えていきます。演出方法としては、この方が自然で良い気がします。

 ザハーロワの『ジゼル』は、想像以上に素晴らしく、ザハーロワ特有のあの重力をまったく感じさせない動きには驚嘆しました。『ジゼル』って、こんなに素敵な演目だったのだと改めて感じました。以前観た舞台を全く覚えていない南十字星妻は、後悔しきりです。

 会場で今回と同じ演出の「ジゼル」を販売していました。ヴィシニョーワ&マラーホフが客演した東京バレエ団の『ジゼル』です。東京バレエ団のコール・ド・バレエがあまりに素敵だったのと、マラーホフのアルブレヒトがどうしても観たくて思わず買っちゃいました(笑)!

 これで、管弦楽が素晴らしければ完璧だっただけに、日本の管弦楽団の弱点である管楽器の技術力不足がもろに出た「東京シティー・フィルハーモニック管弦楽団」に喝です!










 






 

テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
50位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム