fc2ブログ

二月大歌舞伎:昼の部見所は、幸四郎と菊之助!





 暦の上では「立春」ですが、この時期が一番寒く風邪もインフルエンザも大流行というのは、ちょっと皮肉な気がします。
とは言え、梅の花も咲き始め、杉花粉も飛び始めたりと春が近づいているのも確かです。

 二月の大歌舞伎は、まず「昼の部」を堪能してきました。


二月歌舞伎座



二月ポスター 


 ちょっと間が空くと、久しぶりの観劇と感じてしまいます。

 「昼の部」の見所は、『積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)』です。常磐津物の舞踊の大曲です。
 正直、話の筋は観ていてもよくわかりません。勉強してもよくわかりません ^^; なにしろ初演台本が残っていないので、背景や前後の筋立てがわからないままなんです。まぁ、分からなくてもそこは劇舞踊ですから問題はないんですけど。歌舞伎にはよくあることです。
 出て来るのは三人だけです。関守の関兵衛(実は謀反人の大判黒主):松本幸四郎、小野小町姫と傾城墨染(実は小町桜の精):尾上菊之助、良峯少将宗貞:中村錦之助という配役です。この三人が、任にピッタリとはまっていて素晴らしいのです。

 上演中、ほとんど役者の台詞はありません。台詞部分も常磐津が語ります。その常磐津の音楽と語りに耳を傾けながら、当て振り(浄瑠璃や唄の文句に合わせて振りをつけます)やクドキ(女性が男性に踊りで心情を訴えるもの。歌舞伎に出て来る女性は積極的です^^)など舞踊の技を駆使した舞台劇を楽しみます。
 歌舞伎を観はじめた頃は、時代物や世話物などのいわゆる劇に夢中で、舞踊はただただ眠くなるばかりでした。見慣れて、浄瑠璃の語りが耳に入ってくるようになり、舞踊の素晴らしさに気付き目が行くようになってから、こういう舞踊劇こそ歌舞伎の魅力の本質なのかなと最近になって感じ始めてきました。まだまだ修行は続きます。

 酔っ払い役をやらせたら天下一品の幸四郎、おどけた振りの踊りも見事です。お姫様役に必要な気品をもつ菊之助は、墨染、桜の精の持つ色気や妖艶さと凄みを表現出来るだけの巧さを兼ね備えています。踊りの一つ一つの所作が実に丁寧で美しい。宗貞役の錦之助は、少将としての品格と、上品に踊る格好良さが光ります。三人の役がピッタリとはまり、バランスが良くとれた完成度の高い舞台です。
 1時間半近く、同じ場面で三人だけで演じられるこの演目は、役者にとっても相当難しいものだと思います。それを飽きさせること無く、「おぅ〜!」と思わせる凄い舞台でした。






二月大歌舞伎 歌舞伎座 昼の部
  一 吉例寿曽我
  二 彦山権現誓助劔 毛谷村
  三 積恋雪関扉











テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
72位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム