fc2ブログ

市川猿之助奮闘連続公演





 一年を通して歌舞伎座には通っていますが、10〜11月は「芸術の秋」。毎年、この時期は一気に忙しくなります。今月は、歌舞伎座・新橋演舞場・国立劇場と三座で歌舞伎興行があり、能の各流派でも定例能とは別に別会が催されたりします。
 
 そんな芸術の秋、亀ちゃん(市川猿之助)率いる澤瀉屋は、二ヶ月奮闘連続公演に入りました。今月は新橋演舞場で昼夜、来月は明治座で昼夜と、飛んで飛んで飛びまくることでしょう。


金幣猿島郡

 このポスターは、昼の部「金幣猿島郡(きんのざいさるしまだいり)」の大喜利所作事「双面道成寺」のイメージポスターです。実際に、このように顔をする(化粧をする)訳ではありません。このままやったら、コントになってしまいます ^^ 顔の左半分は鬼の形相の男の霊、右半分は嫉妬に狂う姫様の霊です。
 「双面道成寺」の双面とは、二人の人物が同じ姿形で現れて変化するという歌舞伎舞踊独特の手法です。一人の人物が男女の所作を踊り分けるという高度な技量が要求されます。
 先月歌舞伎座の「法界坊」の大喜利でも吉右衛門が双面を披露しましたが、男女を演じ分けることが出来る歌舞伎役者ならではの特筆すべき芸だと思います。



宙乗り用 
 澤瀉屋といえば、宙乗り。三階席には宙乗り時に設置される黒い箱が現れます。舞台から客席上を宙乗りで演技しながら、この黒い箱の中に吸い込まれていきます。今回は、この箱の中から金色の紙吹雪が大量に噴出されました。


降り注ぐ金色 
 その結果は、ご覧の通り。一等席のお客さんには相当降り掛かったと思います。


 「金幣猿島郡」は芝居の中身は、平将門の妹が出てきたり、安珍清姫が出てきたり、蛇体になったり鬼になったりと、大した筋立てはありません。澤瀉屋の演目の限界を感じてしまいます。宙乗りとスペクタクルな演出だけでは、印象に残る芝居にはならず、スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」を超える演目の創出が待たれます。

 唯一面白かったのは、長唄の道成寺の詞章を常磐津と長唄で演奏したことです。よく聞くと同じ詞章でも、まるで違うもののように聞こえるものですね。



 他に「俊寛」。市川右近の俊寛、市川猿也の瀬尾太郎兼康はなかなか良かったです。幕切れの型は、中村屋のものよりもこちらの方が好みです。





十月花形歌舞伎 新橋演舞場 昼の部
  市川猿之助奮闘連続公演
 一 俊寛
 二 金幣猿島郡
    大喜利所作事 双面道成寺








テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
158位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム