fc2ブログ

三度目の「不知火検校」




 新橋演舞場で公演している「大歌舞伎」の夜の部『不知火検校』を観るのは、これで三度目になります。
 何故か?「悪の華」に吸い寄せられてしまうのです。

不知火検校



不知火檢校 [DVD]不知火檢校 [DVD]
(2009/09/25)
勝新太郎、中村玉緒 他

商品詳細を見る
不知火檢校 [DVD]不知火檢校 [DVD]
(2003/09/18)
勝新太郎、中村玉緒 他

商品詳細を見る
 3回目の歌舞伎を観る前に、どうしても映画の「不知火検校」を見ておきたかったので、DVDを購入しました。
 勝新太郎が若くて、青臭さがあります。中村玉緒の若い時は、本当に綺麗でチャーミングです。
 映画のストーリーも歌舞伎とほとんど同じなのですが、不知火検校自体の描き方が全く異なります。映画では肝っ玉の小ちゃな悪党で、歌舞伎では肝っ玉のすわった大悪党と言った感じでしょうか? 映画では、色欲の部分がクローズアップされ、悪人は惨めに捕らえられるといったラストになっています。やっぱり歌舞伎の迫力は、凄いものがあります。



 新橋演舞場のお弁当
演舞場弁当 
 桟敷席弁当とまでは、いきませんがなかなか美味しかったです。見た目よりも、食べごたえがあり満足のいく分量です。




 サイン本?!
山川静夫サイン 

 開演5分前のアナウンスを聞きながら、ふと閉まりかけたドアを見ると元NHKアナウンサー山川静夫さんの姿を発見!慌てて席を立って廊下に飛び出しました。
 学生時代から大向こうを務めている山川さん。今までにも何度かお見かけしたことはあったのですが、声をかけるきっかけが見つけられずにいました。今回は、超ラッキーなことに山川さんの本が鞄の中に入っています。
 いつも幕が開き場内が暗くなってから入って来る山川さんは、一人椅子に座って待っているところです。開演直前の廊下には、不思議な静寂さが漂います。その静けさの中で舞台への期待を膨らませているご様子の山川さんに思い切って話しかけ、本を差し出して見せると「良くわかりましたねぇ〜」と、気さくにサインに応じて下さいました。
 「やった〜!」思わずガッツポーズを取りながら慌てて席に戻りました。
 上演中「高麗屋〜」「松嶋屋〜」「成駒屋〜」「加賀屋〜」と、艶のある良い声が大向こうからいくつもかかっていました。はっきり山川さんの声だとわかるものも多くありました。



 同月に三度も同じ演目を観るのは、初めてです。内容も細部に渡り理解でき、演技もじっくり観ることができます。台詞回しも微妙に変えていたり、1ヶ月の公演中、役者が日々努力して舞台を作り上げていることがよくわかります。歌舞伎の面白さは、回を重ねるごとに深まっていくものだと感じた一日でした。
 今回は、山川静夫さんのサインを頂くこともでき、嬉しいおまけまで付きました。


 本日の写真は、いつもメモ替わりに持ち歩いている、SONY「サイバーショットWX-50」です。



コメントの投稿

非公開コメント

No title

凄い!サインをもらえるなんて☆
とても思い出に残る一日でしたね。確かにガッツポーズになりますよね。
また気さくな方だったりすると益々嬉しくなっちゃいますよねー。

tamayaccoさん

南十字星妻の果敢な勢いのお蔭です(笑)
この日は、もうこれだけで行った甲斐がありました。

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
72位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム