fc2ブログ

多摩川河川敷は豊かな生物相




 生田緑地と多摩川は、歩いて20分程の距離になるでしょうか?
 結構近いと思いますが、植物にしても昆虫にしても生物相が随分違います。
 河川敷と里山では環境が違うので同じものはあまり見れない気がします。



「ユウゲショウ」
ユウゲショウ
 この季節の河川敷は、イネ科やカヤツリグサ科の植物が多く、「ユウゲショウ」のような派手な色彩の花はよく目立ちます。アメリカ原産の帰化植物で花の大きさは1㎝程でしょうか。
「D3100 マクロ60㎜ ISO400、f/16、1/200」



「アオモンイトトンボ」
アオモンイトトンボ 
 小さい産まれたての「アオモンイトトンボ」がたくさん飛んでますが、よーく目を凝らさないとまったく気づきません。爪楊枝ぐらいの太さと大きさです。
「D3100 300㎜ ISO400、f/11、1/320」



「ベニシジミ」
ベニシジミ 
 春先に会って以来の「ベニシジミ」。相変わらず綺麗です。
「D3100 300㎜ ISO400、f/5.6、1/500」



「ニホンカナヘビ」(日本の固有種)
ニホンカナヘビ 
 バッタの写真を撮ろうと思って、ふと横の茂みを見たらこの子がいました。きっと同じバッタを狙っていたんでしょう。名前にヘビとついてますが、トカゲの仲間です。ちょっとカワイくないですか??
「D3100 300㎜ ISO400、f/5.6、1/400」





コメントの投稿

非公開コメント

可愛いですね!

ユウゲショウ、そんなに派手には見えませんが、群生すると目立つのでしょうね!とても可憐な花に見えます。やはりマクロで撮ると花の脈まで良く見えて、まるで直に見ているようです。ところで、いつも花の種類や名前等が詳しく書かれていますが、図鑑等を持って行ってその都度現地で確認しているのですか?それとも帰ってきて写真を見て調べるのですか?気になります!シジミチョウとカナヘビはとても可愛らしくとれていますね!特にカナヘビはいききとして、いまにも動きそうです。我が家の狭い庭にも何年も何匹ものカナヘビが棲みついており、愛犬の遊び相手になっております!カナヘビのガサゴソと言う音に犬がジャンプして飛びつくさまは、微笑ましい風景です。300mmの望遠だからこそ自然で愛くるしい表情が取れるのでしょうね!ピントもぶれがなく、大変楽しく拝見させていただきました。

レオンパパさん

名前などの調べ方は、後から派です ^^;
とはいっても、図鑑と写真だけでは同定出来ないことも多く、何度か確認しに出かけ直すこともしばしばです。
植物の場合は再確認に行かれますが、野鳥や昆虫はそうもいかないので後々になって判明することもよくあります。幸いにして、私達がフィールドにしている場所は「観察会」があったり、教えて貰えるお師匠さんがいたりして助かっています。現地で同じように写真を撮っている人たちから教えて貰うことも多いです。
植物図鑑は、全体を写しているものが多く、花や葉、萼や実などの部分写真が少ないので以外と分かりずらかったりします。また、掲載種が多すぎるものも調べにくいです。地元に特化した図鑑などが見つかると便利です。

No title

私も久々先日海でなく丘散策してみました。いつも浜の写真の雲や太陽や海の感じを撮ってましたが、丘は海の中と同じで燃えますね~。草花もいいですが、昆虫。ハゼや幼魚を狙ってる感じです。いやぁ、蝶は難しい!特に60mmマクロでは(笑)

tamayaccoさん

やっぱり燃えますよね☆
ダイビングと同じで、どうしても動くものに反応してしまうんです(笑)
昆虫の中でも、蝶は難易度高いですね。秒速60枚のカメラで撮っている人もいましたよ。
飛んでる蝶は、ほんと運任せです。
プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
72位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム