fc2ブログ

あっぱれ花形歌舞伎!



 今月の『花形歌舞伎』は、チケットがあっと言う間に売り切れプレミアが付く程の人気振りです。
 そんな中、まずは「昼の部」の歌舞伎から行って来ました。


「筋書表紙」
筋書表紙
 公演プログラムのことを、歌舞伎では「筋書」といいます。大坂歌舞伎や京都南座公演では「番付」といっていました。何故?かは理由が分かりませんが、関東と関西で言い方が違うのは面白いです。
 歌舞伎を見始めていた頃は毎回買っていましたが、どんどん堪っていくので最近はほとんど買っていません。今月は、新作歌舞伎があるので久しぶりの購入です。筋書には、歌舞伎座正面に飾られている当月の板絵の写真やあらすじ、みどころ、役者の写真や意気込みなど読み応えたっぷりですが、歌舞伎ファンは筋書の最後の方に掲載されている今回の演目の「上演記録」が重要です。いつ、どこの劇場で誰がどの役をやったかの配役表が昭和20年まで遡って掲載されています。



「筋書内の板絵の写真」
筋書内の板絵写真 
 「昼の部」の演目は、通し狂言「新薄雪物語(しんうすゆきものがたり)」と舞踊の「吉原雀(よしわらすずめ)」です。
 「新薄雪物語」は、薄雪姫(中村梅枝)と左衛門(中村勘九郎)の若き二人の恋が政治的陰謀に引き裂かられ、わが子を救うため両家の父親が蔭腹を切り、クライマックス『合腹(あいばら)』で苦痛に堪えながら喜びに笑いあうという「三人笑い」の名場面へと続きます。
 年齢と風格と技を要するこの場面は歌舞伎の難役中の難役といわれ、名優が揃わないとなかなか上演されません。故に幻の名作と言われるくらい上演回数の少ない演目です。
 今回はこの「三人笑い」の配役を、薄雪姫の父幸崎伊賀守を尾上松緑、左衛門の父園部兵衛を市川染五郎、母梅の方を尾上菊之助がそれぞれ初役で演じました。苦しみと悲しみ、しかも父親二人は腹の痛みを堪えての笑いを三者三様で表現する難しい役どころです。場内がシ〜ンと水を打ったように静まり、緊迫感から観ている方も力が入ります。見事に演じ切った役者の気迫が、伝わってきます。
 他には、市川海老蔵、片岡愛之助、中村七之助、と次代の歌舞伎界を担う役者が勢揃いして、見応えのある素晴らしい舞台でした。この中に中村獅童の姿がなかったことだけが、とても残念でなりません。
 大立廻りもその激しさと迫力の凄さ、斬新な型や動きに驚きと感動を覚えました。一人一人が気合いの入った迫真の演技で、全力を尽くして舞台に臨んだことが伺えます。
 今回の難しい演目のため、吉右衛門、菊五郎、幸四郎、玉三郎、仁左衛門、梅玉、魁春という当代の名優達が、花形役者達に付きっきりで稽古をつけたことが筋書から伺い知れます。



「本日のお供」
和風クレープ 
「安くて、美味しい!」 とってもお得な気分です。
 東銀座駅の地下、木挽町広場でゲットしました。


 「いい舞台を観ると、本当に充実感のある1日になるなぁ〜!」ちょっと力が入り過ぎて、肩凝っちゃったけど(笑) 




コメントの投稿

非公開コメント

No title

 「いい舞台を観ると、本当に充実感のある1日になるなぁ〜!」ちょっと力が入り過ぎて、肩凝っちゃったけど(笑) のコメントに確かに!と思わず笑っちゃいました。
そしていつも目に止まってしまうスイーツ!抹茶と小倉の素晴らしい組み合わせ。ビューティフル!!!
山崎パンのこのバージョンは余所で買えないんですかね。山崎パン、歌舞伎座バージョンとは凄い!

tamayaccoさん

この和風クレープは本当に美味しかった〜。しかも、2個入りで100円です♪
他では売ってないのかな〜?
歌舞伎座地下の木挽町広場はいつ行っても大賑わいです。
プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
72位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム