fc2ブログ

北海道の野鳥〜その1〜


 今回のバードウォッチングの最大のお目当ては、「エゾフクロウ」でした。その「エゾフクロウ」を見れる場所として選んだのは「野幌(のっぽろ)森林公園」です。

 「野幌森林公園」は、札幌から地下鉄とバスを乗り継ぎ40分程。札幌郊外にある平地の大森林です。札幌市と江別市、北広島市にまたがる面積約2,000ha。ちょうど港区と同じ大きさの大森林です。
 野鳥の観察記録は140種以上あり、探鳥地としては古くから全国的知名度を誇っている札幌のバードウォッチングのメインフィールドの一つです。

 探鳥スケジュールは3日間。着いた翌日は近くの「円山公園」で足慣らしをし、次の日は「北大植物園」で北海道の植物の知識を入れながらの探鳥。「植物園」にも多くの野鳥がやってきます。3日目は、メインの「野幌」に繰り出しました。



「オオアカゲラ♂」
オオアカゲラ2
 中型のキツツキ「オオアカゲラ」です。観察地は「野幌森林公園」大沢コース。頭頂部が真っ赤でよく目立ちます。幼鳥は雌雄とも頭頂部が赤いですが、成鳥になると赤いのは雄だけです。「オオアカゲラ」は「アカゲラ」と違い、とても数が少ないので見られたのは本当にラッキーです。今回の最大の収穫でした。

オオアカゲラ 
 「オオアカゲラ」の同じ個体の背中部分です。生田緑地でよく見られるキツツキ最小の「コゲラ」と違い、ドラミング(動物が鳴き声以外の方法で音を立てる動作のことで、キツツキの場合は木の幹をコツコツやることです。)の音が大きく「コツコツ」なんて可愛いものではなく、『ドロロロロロ・・・』と激しく叩きます。



「アカゲラ♂」
アカゲラ 
 こちらは「アカゲラ」です。観察地は「北大植物園」湿生園周辺。「オオアカゲラ」とは、頭頂部の赤い部分が違います。「アカゲラ」は後頭部のみが赤いです。また、この写真では分かりにくいですが背面の白班が「アカゲラ」は逆八の字になっています。そして、一番上の「オオアカゲラ」の写真で見れるように下面(腹側の白い羽毛の部分)に黒い縦斑があるかないかが決め手となります。
 「アカゲラ」は「オオアカゲラ」より5㎝程小さいです。実物を見ると、この5㎝の差はすごく大きいですね。


「カワラヒワ」
カワラヒワ 
 北海道では夏鳥になる「カワラヒワ」です。観察地は「北大植物園」博物館前。生田緑地では冬鳥になるのですが、スズメ程の大きさでいつも木の幹の上の方にいたためまだ撮影出来ずにいました。太くて丈夫な肌色の嘴と風切の基部が黄色いのが特徴的です。鳥の中では、ちょっとゴッツイ顔をしているなといつも思うのですが気のせいでしょうか?
 この丈夫な嘴で木や草の種子を上手に割って食べています。鳥は嘴の大きさや形で食べているものや食べ方が分かるので面白いです。


「アオジのさえずり」
アオジ 
 久しぶり〜って感じの「アオジ」です。冬の生田緑地では、スズメよりたくさん居たのに何処に帰ったのかと思ったら、北海道にいました。この子かどうかはわかりませんが(笑)。観察地は「野幌森林公園」桂コース。
 長旅で少しスリムになりましたが、気持ち良さそうにさえずっていました。生田緑地では、「アオジ」のさえずりを聞くことは出来ないのでとても貴重です。鳥の鳴き声は「地鳴り」と「さえずり」があり、「さえずり」は繁殖期の雄だけの鳴き方です。ウグイスで例えると、「ホーホケキョ、ケッキョ、ケッキョ、ケキョケキョ・・・」というのが「さえずり」で、地鳴りは「チャッ、チャッ」になります。
 「アオジ」は、渡り鳥で生田緑地では繁殖しないので餌ばかり食べている印象しかありませんでした。これも新しい発見です。


「ウグイス」
ウグイス 
 なかなか薮から出て来ないウグイスですが、いいところにいてくれました。きっちりこちらを警戒しています。撮影地は「北大植物園」草本分科園裏。これだけ警戒されていたので、このあとすぐ飛び立ってしまいました。
 日本全国どこででも留鳥としていますが、北海道だけは夏鳥です。ウグイス科の鳥は、目の上に白いラインが入っているのが特徴です。



 たくさんの珍しい野鳥に逢うことが出来ましたが、残念ながら「エゾフクロウ」の姿は見られませんでした。ただあの特徴的な「ホォーホォー」というフクロウの鳴き声は2度聞いています。「野幌森林公園」の深い森の中で初めて聞くフクロウの鳴き声は忘れられません。以外と大きな鳴き声で、森の中に響いていました。あの声が響くと他の鳥達の鳴き声が止むような、そんな静けさの中にフクロウの声は鳴り響きます。






コメントの投稿

非公開コメント

No title

オオアカゲラ、いいですね。ドロロロって電動ドリルみたいですね!(笑)
アカゲラは思わず、八の字、海で言うカンパチだと思っちゃいました。
鶯のショットいいですね~。こっち見てます!見てます!
キツツキ、生田緑地でも今度案内してほしいです♪

tamayaccoさん

まさしく、電動ドリルです(笑)
オオアカゲラも頭痛くならないのかなと心配になります。
八の字カンパチ君にも早く会いたいです。
今年のスタートはいつになるのか、なかなか見えて来ません(泣)

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
72位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム