fc2ブログ

イネ科・カヤツリグサ科の植物




 今まで、華やかな花や実のなる植物を中心にご紹介してきましたが、野原に生える植物の多くはイネ科やカヤツリグサ科の植物です。地味で見分けがつきにくいですが、独自の進化を遂げた優秀な植物なんです。
 もともとは風媒花だった植物から受粉効率のよい虫媒花が出現し花びらを発達させてきました。その中から再び昆虫をあてにしない風媒花へと進化したグループがイグサ科・イネ科・カヤツリグサ科の植物です。
 花は花弁を失い、雄しべは毛が生えていることが多く、花序が変形して小穂と呼ばれる偽花が集合して穂を形成しています。
 多摩川沿いには、イネ科・カヤツリグサ科の植物が多く生えています。地味〜な植物ですが、とっても重要な植物でもあります。


 イネ科は、600属1万種が属する被子植物単子葉類の大きな科です。
 イネ(米)やコムギ(小麦)、トウモロコシ、オオムギ、ライムギなどの穀物はイネ科に属します。サトウキビやタケなどの資源植物、ススキやパンパスグラスもイネ科に属します。



「スズメノチャヒキ」
スズメノチャヒキ
 イネ科スズメノチャヒキ属の植物で、大柄な草です。多数の花を含む比較的単純な小穂をつけます。小穂が特に大きいのも特徴の一つです。どこにでも生えている気がしませんか?


「カラスムギ」
カラスムギ 
 イネ科カラスムギ属の越年草です。原産地は、ヨーロッパから西アジアにかけての地域ですが、日本では古くからある帰化植物として存在しています。カラスムギ属の種子は、すべて食べることができますが種子が小さく収穫が困難なものが多いようです。日の光が当たると黄金色に輝いて綺麗です。


「カラスムギの種子」
カラスムギの種子 
 上の「カラスムギ」の写真は種子が飛んでしまった後の姿です。白っぽい小穂の中には、こんな種子が入っていました。種子が飛んだ後の「カラスムギ」はとても綺麗です。ドライフラワーにするそうです。



「コバンソウ」
コバンソウ 
 イネ科コバンソウ属の植物で、小穂が小判型をしているところから名付けられました。明治時代に観賞用に導入された帰化植物です。小穂の大きさに比べて枝が細く華奢な感じがします。



「ミヤマシラスゲ」
ミヤマシラスゲ 
 カヤツリグサ科スゲ属の植物です。多年草で湿地に群成します。
 カヤツリグサ科は、単子葉植物の一つの科で、最も有名なのがパピルスですが有用植物は少ないようです。全世界では3700種、日本産の種も雑種を含めると約40種あり、イネ目に属しイネ科とは多くの点で似ているところがあります。
 カヤツリグサ科もイネ科と同様、風媒花として進化し、花が地味で小穂を形成します。イネ科との最大の違いは花を巻く鱗片の数でしょうか。イネ科は2枚、カヤツリグサ科は1枚です。ユリ科の先祖から進化したと考えられているイグサ科の鱗片は6枚です。
 見た目の派手な特徴に乏しい割に種類が多く同定が難しく、特にスゲ属は、イネ科植物や他のカヤツリグサ科植物の専門家ですら敬遠するほど、同定困難なものが多いようです。


 イネ科の中には、チガヤ、スゲ、ススキなどの『茅(萱とも書く)』と言われている植物があります。イネやムギの茎(藁)が水を吸ってしまうのに対し、茅の茎は油分があるので水をはじき、耐水性が高いので屋根を葺くのに使われます。茅葺(かやぶき)屋根です。


 イネ科やカヤツリグサ科の植物は、昔から生活に深く関わってきた植物と言えるでしょう。


 本当は、もっとたくさんの種があるので違いとともに紹介すると面白いのですが、ブログ的には緑一色の地味なものになってしまいます。また、機会があれば掲載してみたいと思います。





コメントの投稿

非公開コメント

No title

カラスムギって今頃黄金色になるんですね。ドライフラワーでありましたよ。
コバンソウ。こっちにもあります。へんてこな植物だな~と思ってました。
うちの地名にも「茅」ってつくから由来があるのかな?

tamayaccoさん

イネ科、カヤツリグサ科の植物ってよく目にする割には知らないことだらけです。
見た目も同じようで変化に乏しいですよね。
シダ植物に入る前のウォーミングアップってところです(笑)
そういわれてみれば、地名に「茅」がつきますね。
新発見です!

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
158位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム