fc2ブログ

生田緑地で今年の初トンボ発見!




 この時期は、同じような花でもよく似ていて目立たない花が多く咲いているので、観察会で教えてもらったり、注意深く見ないと気づかないままになってしまいます。
 

「オカタツナミソウ」
オカタツナミソウ
 ちょっと「ホトケノザ」に似ていると思って撮ったのですが、丘陵地の木陰に生える多年草の「丘立波草(オカタツナミソウ)」でした。ホトケノザもオカタツナミソウもシソ科です。それで、似ていたのかもしれません。



「ニガナ」
ニガナ 
 苦菜(ニガナ)は、キク科の多年草です。名前の由来は、茎や葉に苦みのある白い腋を含んでいることからきています。


「ニワゼキショウ」
ニワゼキショウ 
 芝生や草地に群生するアヤメ科の植物です。直径5〜6㎜の小さな花で花弁は、6枚に分かれています。
この花も教えてもらわなかったら、一生知らないままだった気がします。



「シオヤトンボ」
シオヤトンボ 
「おっと〜! 今年、お初にお目にかかります。」随分、小さなトンボでした。「シオヤトンボ」です。実はこのトンボ、東京都区部と北多摩では絶滅危惧種に指定されています。神奈川県東部でも急減していてレッドデータブック2006では要注意種とされています。


 
 何度も生田緑地の中を歩き回っていると、わかった気になってしまっていることがあります。でも、本当は知らないことばかりであることに唖然とします。花一つとっても、同じものだと思っていたものが別物だったり、注意深く観察しないで大切な生態を見逃していたり・・・。日々、観察と勉強と反省を繰り返しています。
 野鳥や昆虫にも目を向けると無限大の世界が広がっています。一つでも多くのことを知りたいな!って、思います。






コメントの投稿

非公開コメント

No title

まだ我が家はおこたを閉まってないのにトンボですか???!
シオヤトンボ、黄色と黒のタオガースカラーいいですね~♪でも要注意種とは…。
いなくなりませんように。

tamayaccoさん

もうトンボがいるんだと驚きました。
「かわさき自然調査団」によると、このシオヤトンボのために、
外来種のアメリカザリガニの駆除に精を出しているそうです。
プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
129位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム