fc2ブログ

新歌舞伎座 杮茸落四月大歌舞伎(第三部)




 今回は、第三部の杮茸落公演に行って来ました。
先日、「アド街ック天国」で東銀座、特に歌舞伎座周辺をやっていたので、始まる前にテレビに出て来た店を確認しながら回ってみました。おかげで新たな発見が沢山できて、とっても有意義なひと時を過ごせました。

 今回はカメラを忘れてしまい、携帯で撮影したものなのであまり画質がよくありません。

「歌舞伎座入口の絨毯」
歌舞伎座入口
 前回に初めてこの絨毯を踏んだ時の感想を書き忘れてしまいました!
 新しい絨毯は、毛足が長くまだ踏みしめられていないのでふかふかとしています。ちょっと足を取られて危ない感じがします、贅沢ですね(笑)。年配の方も多くいらっしゃるので、つまづくお客さんも結構いるのでは?と、ちょっと心配になります。
 この入口の空間は、以前と全く変わっていないですね。



「盛綱陣屋板絵」
盛綱陣屋 
 最初の演目「盛綱陣屋(もりつなじんや)」は、時代物の歌舞伎です。源頼朝亡き後、源氏が鎌倉方と京方の間で争いが起こり、佐々木盛綱と高綱兄弟は敵味方に分かれて戦うことになるという話ですが、実は「大坂冬の陣」を下地にしたもので、盛綱、高綱は、真田信幸と幸村兄弟のことです。歌舞伎では、当時そのままの名前で上演ができなかったので、このように時代設定や名前を置き換えた作品が多いんです。
 今回、この盛綱役を片岡仁左衛門が見事に演じました。兄弟、親子が敵味方で戦わざるを得ない苦悩と哀しさを描いています。
 特筆すべきは、子役たちの素晴らしい演技です。染五郎の長男、松本金太郎(8歳)は父(高綱実は幸村)が捕らえられ首を打たれたと信じこませるため、偽首を目にして切腹する役ですが、驚く程の演技力で観客の目を引きつけました。また、尾上松緑の長男、藤間大河(7歳)は花道で見栄を切って引っ込む大役を演じ、拍手喝采を浴びてました。これからの成長が、すご〜っく楽しみな子役たちです。



「勧進帳板絵」
勧進帳 
 二番目の演目は「勧進帳(かんじんちょう)」です。
 昨年、秋からこれで4回目の「勧進帳」になります。よく続きます。さすが人気演目です。弁慶役は、團十郎、幸四郎、海老蔵と観て今回また幸四郎です。これで今まで何回の「勧進帳」を観たことか(苦笑)
 今回の配役は、今の歌舞伎界でのベストメンバーと思えるものです。1,000回を超える弁慶を演じる松本幸四郎は、確かに素晴らしいのですが、回数を重ねる毎に芝居が大袈裟になり、ちょっとクドい気もします。それに比べて、お正月に浅草歌舞伎で弁慶を演じた海老蔵は、若々しくフレッシュな力強さがありました。
 歌舞伎を初日と千秋楽に二度観てみると分かるのですが、歌舞伎役者は客に受けた場面や演じてて気持ちのいい場面は、日を重ねる毎に大袈裟になっていく傾向にあります。大袈裟になって良かったときは演技が練れて良かったということになるのですが、逆にクドくなる場合もあるので押さえた演技も必要だなと感じることがあります。歌舞伎には演出家がいないことの悪い面がこういったところに出てくるのかもしれません。
 その時の観ている側の気分にもよるかもしれませんが、当たり役で回数を重ねた味のある演技と、まだまだ初役を演じる時の初々しさと力いっぱい真剣に取り組む演技の甲乙は付け難いものがあると感じました。
 富樫の菊五郎、義経の梅玉、弁慶以外の山伏を左團次、染五郎、松緑、勘九郎とこれだけの役者を二度と揃えることができないという位の配役で、さすが杮茸落公演といえるでしょう。







コメントの投稿

非公開コメント

No title

毛足の長い絨毯。久しく踏んでないなぁ。
はだしで濡れた床ばっか(笑)
それにしても見事な絨毯。歌舞伎の話じゃないですね…(汗)

tamayaccoさん

こちらは、はだしで濡れた床を久しく踏んでないです(汗)
出来立ての絨毯のふかふかした感じは凄いですね。
靴が綺麗になって帰ってきた気がします。

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
158位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム