fc2ブログ

五代目 中村雀右衛門襲名披露公演(昼の部)



 三月の歌舞伎座は、五代目中村雀右衛門襲名披露です。
 歌舞伎を観慣れている方でないと聞き慣れない名前かもしれません。
 読み方は「中村じゃくえもん」。
 先代の四代目は女形の名優で人間国宝でした。
 赤姫と言われる、お姫様役を得意とし90歳まで舞台に立ち続けました。
 私達は、先代の晩年の舞台を数年間だけ観る機会に恵まれました。

雀右衛門祝幕


祝幕納箱 

 昼の部の雀右衛門襲名演目は、『鎌倉三代記』で時代物の名作です。北条時政の娘・時姫(雀右衛門)は、敵方の源頼家に仕える三浦之助義村(尾上菊之助)の許嫁です。病床の老いた母のもとへ、三浦之助が暇乞いに訪れると時姫が母を看病しています。時姫は夫になる人を恋慕いますが、敵方になる姫を妻にできないと拒みます。父時政を討てば妻にしようという三浦之助の難題をついに受け入れます。

 時姫は、『本朝廿四孝』の八重垣姫、『金閣寺』の雪姫と並ぶ「三姫」の一つです。今回、新雀右衛門が初役で勤めています。正直なところ、物語が面白く感じられないせいもあり、雀右衛門の巧さが引き立っていないと思えました。その原因は、雀右衛門の容姿が赤姫にむいていないこと。初役でまだまだ練れていないこと。三浦之助の菊之助は、菊五郎の代役で急遽初役で演じることになったこと。などが考えられます。

 父四代目の雀右衛門が赤姫を得意としていたので、襲名公演に「三姫」の二つを持ってきていますが、新雀右衛門が得意とする役柄はちょっと異なるような気がします。ちょっとおきゃんな下町娘とか、気っぷの良い姉御が役柄としては合っていると思います。襲名公演だからと言って、先代の役にこだわるのではなく、本人が最も得意とする役で襲名公演をやってほしかったと感じました。

 襲名公演がこれから続いてきますが、演目はもっと考えてほしい気がします。蒼々たる歌舞伎俳優が勢揃いしているのですから、それぞれが得意とするものを出してもらいたいものです。



五代目中村雀右衛門襲名披露
三月大歌舞伎 歌舞伎座 昼の部
  一 寿曽我対面
  二 女戻駕
    俄獅子
  三 鎌倉三代記 絹川村閑居の場
  四 団子売





スポンサーサイト



テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2016年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
129位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム