fc2ブログ

幸四郎、染五郎、金太郎、親子三代揃い踏み「初春大歌舞伎:夜の部」

 


 歌舞伎座で開催されている「初春大歌舞伎」夜の部では、松本幸四郎、市川染五郎(幸四郎の長男)、松本金太郎(染五郎の長男)の親子三代で大舞台に挑んでいます。


一月の歌舞伎座 


板絵 

 今月の歌舞伎座は、昼・夜の部ともに充実した演目です。

 「夜の部」最初の演目『猩々』は、中国の伝説の霊獣で酒好きの猩々(中村橋之助と中村梅玉)が、酒を飲みながら舞踊を披露します。中村橋之助は踊りが巧く切れのある力強い舞いを、中村梅玉は柔らかく形の美しい舞いを踊ります。お正月にふさわしい華やかな踊りで、ほろ酔い気分が漂います。

 第二の演目『二条城の清正』は、幸四郎の加藤清正、金太郎の豊臣秀頼の二人芝居とも言える舞台です。二条城で徳川家康に対面する秀頼に、病身を押して清正は秀頼にお供して守り抜きます。
 秀頼役の金太郎は、最初から最後まで一時間余の舞台、出ずっぱりです。まず、家康に招待されて二条城に到着して挨拶をし、豪華な二条城の一室での家康とのやりとり、対面を済ませ帰りの船上で清正としんみりとかわす会話。わずか十歳の金太郎は、この大役を立派に勤め、「あっぱれ!」としか言いようがありません。端正な顔立ち、品格を兼ね備えた雰囲気、良く通る声、長い台詞もきっちりとこなし、凄い役者になりそうで本当に楽しみです。
 清正の幸四郎も孫と一緒に舞台に立っている喜びを、全身で表現するかのような力の入れようです。まさに役者冥利に尽きるというものです。会場からも、微笑ましい笑いが起こります。
 この演目は、舞台演出がとっても美しく、特に船上の場面は印象的です。夜から明け方へと変化する照明の色合い、松明を燃やす明かり、朝もやの中大坂城が近づいて来る風景と実に見事です。

 第三の演目『廓文章:吉田屋』は、中村鴈治郎の藤屋伊左衛門、坂東玉三郎の夕霧。この演目は、玉三郎と片岡仁左衛門のコンビが一番好きですが、鴈治郎と玉三郎のコンビには違う味わいがあってなかなか良いです。鴈治郎のひょうきんで、おちゃめな伊左衛門がキュートです。いつもは、父・坂田藤十郎の夕霧ですが、玉三郎の夕霧の方が鴈治郎の良さを感じたのは、気のせいではないと思います。

 第四の演目『雪暮夜入谷畦道:直侍』 歌舞伎の舞台でもっとも素晴らしい演出は、「雪」です。この舞台は、江戸情緒あふれる浮世絵の世界を描いているような美しさです。雪がちらちら舞う様。傘からこぼれ落ちる粉雪の様。木戸の上に積もった雪が、ドサッと落ちる様。どれもが、一服の絵になりそうです。
 雪が降り積もって、雪のちらちら舞う中の入谷の蕎麦屋は、風情があります。直次郎役の染五郎の蕎麦屋のシーンは、江戸庶民の細やかな描写や小道具としっとりした風情です。
 小悪党で色男の直次郎は、染五郎にとっても良く合っていて「はまり役」です。染五郎の良さがこれだけ際立つのも、脇を固める役者がピタリとはまり、一人一人が巧いからです。何気ない蕎麦屋の夫婦も自然で、しっくりとくる心地よさがあります。中村東蔵は、何をやっても巧い名脇役で欠かせない役者です。この東蔵の丈賀は、情と深みのある按摩で舞台に厚みが出てきます。
 直次郎と恋仲の三千歳を中村芝雀が演じていますが、頽廃的な遊女の役柄が板についていて、程よい色艶がちょうど良い感じです。芝雀は三月、雀右衛門も襲名しますが、もっともっと芸の幅が広がると良いと思っています。
 そしてちょっと気になった役者が、暗闇の丑松を演じた中村吉之助です。ポスターの写真にも載っていないのですが、声の張りも良く、押し出しもあって存在感のある丑松を演じています。芝居の流れに添った役作りをしており、直次郎(市川染五郎)との掛け合いも調和のとれたやりとりで、非常にバランス感覚の優れた役者です。吉之助とは、何者か?(笑)調べてみると、中村吉右衛門の部屋子として修行を積み、平成6年に中村吉之助と改め名題昇進し、翌年中村吉之丞の芸養子となったという経歴です。

 歌舞伎は、主役だけ良くても良い舞台は作れません。名脇役から端役まで揃ってこそ、「あ〜、良い舞台だったなぁ!」と思えるものです。そういう意味で、最後の演目は実に満足感のある素晴らしい舞台でした。「夜の部」はどの演目も見応えもあり、演目の選び方のバランスも良く、どれも秀逸の出来映えです。なかなかこれだけ三拍子そろうのは、珍しいことです(笑)。





スポンサーサイト



テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2016年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
158位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム