fc2ブログ

ルジマトフの『海賊』(ミハイロフスキー劇場バレエ)




 新春バレエ第2弾は、ミハイロフスキー劇場ルジマトフの『海賊』です。


ルジマートフ


リベデフ 


花園 


 ファルフ・ルジマトフと言えば、『海賊』アリ役でコバルトブルーの衣装が強烈な印象で記憶の中にあります。全くバレエを観ていなかった頃でさえ、彼の名前とこの衣装だけは知っていたという程ですから、いかに凄かったかがうかがえます。今回、52歳のルジマトフがコンラッド(海賊の首領)役として出演し、自らの演出ヴァージョンによる『海賊』を披露しています。

 正直、「全盛期のルジマトフの『海賊』が観たかった!」という後悔が先にたちました。体型、容姿は年齢を感じさせませんが、跳躍、回転、動きの速さや切れは、年齢に勝てないことを証明しています。ただ、決めポーズの美しさだけが目立ち、逆に寂しさと時の流れの残酷さを際立たせてしまいます。バレエ界のスーパースターの在りし日の姿を求めるファンの気持ちが、伝わってきます。

 歌舞伎役者でも、バレエダンサーでも、最高の時期の最高のはまり役の舞台を観れることは、本当に幸せなことです。「早いもの勝ち!」って、思うのです。「今から観ても遅くないと思いたい一方で、やっぱり早いもの勝ち」だと思い知らされた瞬間でもあります。


 アリ役のヴィクトル・レベデフは若くて才能の片鱗を感じるものの、衣装はシャンパン色でコバルトブルーではなく、踊りの出番が少なくて添え物でしかありません。彼の踊りをもっと観てみたかったという気がします。

 メドーラ役のイリーナ・ペレンは、美人で踊りも美しいのですが卓越したものを持っている訳ではなく、何か?物足りなさを感じてしまいます。むしろ、美しいギュリナーラ役のアナスタシア・ソボレワの踊りの方が、手足が長くのびやかでて大きく優雅な印象を受けました。たぶん技術力の差がなく、衣装や踊りの場面によっては、ペレンを超えているのかもしれません。

 誰が主役なのか?はっきりしないまま、何となく華やかな舞台演出と衣装にごまかされたような印象が残ります。


 一昨年から始まった私たちの「バレエ祭り」は、ボリショイ・バレエのザハーロワに始まり、シネマ・バレエを含め、NYのアメリカン・バレエ・シアター、ニューヨーク・シティ・バレエからシュツット・ガルトetc.と、今回のミハイロフスキー劇場バレエで、ひとまず終了します。集中して観てきたお陰で、バレエ団による特徴、技術の高さの程度、衣装や舞台の演出の豪華さorシンプルさ、演出や振付による違いなど色々比べて観ることができました。自分たちの好みもわかり、今後のバレエ鑑賞の選択方針が見えてきました。
 我ながら充実したバレエ鑑賞ができたと思っています。生で観ないと感じられないもの、わからないものが沢山あります。その時々で感じた驚きや感動は、大事な宝物です。「出逢えて良かった!」と思えるダンサーを何人も見つけられたことは、とっても嬉しいことです。





スポンサーサイト



テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2016年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
158位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム