fc2ブログ

待ちに待った、玉三郎の「阿古屋」!




 今月の「夜の部」は、坂東玉三郎が『阿古屋』をやります。待ちに待った演目なので、とっても楽しみにしていました。やっとこの日が来た〜!という、興奮状態で歌舞伎座に乗り込みました(笑)。

10月歌舞伎座


阿古屋板絵 


玉三郎ポスター 

 『壇浦兜軍記=阿古屋=』:平家の武将悪七兵衛景清が平家滅亡の仇を討とうと源頼朝をつけねらっています。景清の愛人・遊君阿古屋(玉三郎)が、景清の行方を知っているものと捕えられ問注所に引き出されます。代官の岩永左衛門(坂東亀三郎)は、拷問にかけようとしますが、詮議の指揮をとる秩父庄司重忠(尾上菊之助)は、阿古屋に三曲(琴、三味線、胡弓)を演奏させ、その音色に乱れがないのは、真実行方を知らないものと認め釈放するという話です。
 阿古屋は、歌舞伎女方屈指の難役中の難役で、3つの楽器をこなせなければつとまりません。花魁の衣装(鬘と衣装を合わせて約30kg)を着たまま、舞台上で実際に三曲を演奏しながら唄い、心情を表現するというもっとも難しい女形の大役です。この役をこなせるのは、当代では玉三郎だけです。八年前に歌舞伎座で観て以来の久しぶりの上演で、とても楽しみにしていました。実は、歌舞伎座のアンケート用紙にも何度も、玉三郎の『阿古屋』を観たいと希望を出したくらいですから(笑)。

 八年前なので細かい事は忘れてしまいましたが、その時の印象は、張りつめたような雰囲気でドキドキしながら観ていた覚えがあります。今回は、はるかにゆとりがあって、華やかな雰囲気が際立っています。それぞれの楽曲も前回より数段腕を上げているように思われます。観ている方は、まるでお座敷に招かれて、当代随一の花魁の究極の演奏に聴き惚れているようなゆったりとした気分です。 琴の音色も素晴らしく、小唄は味わい深く、三味線のアンサンブルは、耳に心地よく、胡弓のむせび泣くような響きは心を揺さぶります。演奏時間は三曲で四十分超に及びますがどれもプロ並みの腕前です。特に、胡弓はリサイタルを開いてほしいと思えるほど見事でした。玉三郎の卓越した才能に、ただただ驚嘆するばかりです。三島由紀夫が玉三郎を「奇蹟の待望」の存在として絶賛していることもうなずけます。
 円熟味を増した玉三郎の芸術性は、まさに頂点を極めたように感じます。未だ衰えぬ美貌、はかなく繊細な優美さと楽曲を奏でる確かな技量をすべて兼ね備えた最高の『阿古屋』を超える役者は、この先出て来ないのではないか?と、思わずにはいられません。
 現在、歌舞伎女形で胡弓を上手に弾ける役者は玉三郎只一人。芸が途切れないよう誰かが継いでいってもらいたいものです。

髪結新三板絵 

 夜の部でのもう一つの演目『梅雨小袖昔八丈=髪結新三=』は、二世尾上松緑二十七回忌追善狂言として、当代の尾上松緑が新三を勤めました。

 『髪結新三』は、大好きな演目で何人もの役者の新三を観てきました。正直、松緑がここまで凄い新三を魅せてくれるとは!予想していませんでした。髪結新三は亡くなった勘三郎の当たり役で、私達の基準となる髪結新三は勘三郎のものになっています。三津五郎の家主と勘三郎の新三とのコンビが最高で、これを超える舞台はもうないと思っていました。しかし、今回松緑の新三を観て、本当の新三に出逢ったような衝撃を覚えました。はちきれんばかりの若さと無謀さ、小悪党が大悪党(ちんぴらが親分)へ上り詰めてゆこうとする気概のようなものが、初めて理解できた気がします。今までは、家主と新三との面白いやりとりばかりに目がゆき、新三本来の姿が見えていなかったようです。
 松緑のおかげで、新三の人間像が浮き彫りになり、より新三を楽しむことができました。「松緑、なかなかやるなぁ〜!」と感心しました。
 また、松緑を固める周りの役者が素晴らしい。家主の市川左團次、弥太郎源七に市川團蔵、この二人は役と年齢も近くピッタリのはまり役。ちょい役に片岡秀太郎、片岡仁左衛門兄弟も出演しています。一番面白いのは、尾上菊五郎が魚売りで、初鰹を捌いていることです。鰹売りの役は通常は弟子達がやる端役ですが、これが菊五郎とは大御馳走です。
 配役も見事!演出も見事!あっぱれな舞台です。

 今回は、一回だけではもったいないほどの舞台でした。席を格上げして二回目の観劇チケットを今日購入しました。












スポンサーサイト



テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2015年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
158位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム