fc2ブログ

名実共に立女形トップに立った玉三郎の政岡は・・・





 久しぶりにカラッとした秋晴れに恵まれ、歌舞伎座への足取りも軽やかです。今月の歌舞伎座は、「秀山祭大歌舞伎」で中村吉右衛門をはじめとする豪華な役者による重厚な演目です。


歌舞伎座



先代萩板絵 

 「夜の部」は、『通し狂言 伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』です。仙台伊達藩で実際に起こったお家騒動を題材にした、時代物の大作です。
 歌舞伎では珍しく女形が主役の作品で、今回その大役に坂東玉三郎が挑みます。

 玉三郎演じる「政岡」は、幼い鶴千代の乳母です。お家乗っ取りを謀る仁木弾正(中村吉右衛門)を始めとする悪臣から、命がけで鶴千代を守ります。そのために実の子である千松を死なせてしまいます。母親としての悲しみと若君を守るという忠義を演じるこの役は、女形にとって、難しいですが最もやりがいのある憧れの大役です。

 歌舞伎座で、「政岡」を演じるということは、立女形として歌舞伎女形のトップに立ったということを意味することで、玉三郎にとっては大変重要な月になります。

 玉三郎は、声質が高く、滑舌があまり良くないので、「政岡」の任に合っているとは言えないかもしれません。しかし、感情のこもった表現や繊細な所作は見事です。品格、貴高さは、やはり随一の女形です。

 周りを固める配役は、これ以上望めないくらい素晴らしく、仁木弾正の妹八汐役の中村歌六は、その憎々しさといい、迫力のある悪党ぶりが凄いです。野太く良くとおる声が、一段とその役を引き立てます。政岡を擁護する沖の井役・尾上菊之助は、ますます磨きがかかり、玉三郎、歌六に引けを取らない見事な舞台を勤めています。

 もう一人の主役、吉右衛門の仁木弾正は、新たな発見がありました。最大の見所、『床下』のスッポンからのせり出しの部分は、正直なところ松本幸四郎(吉右衛門の実兄)の方が迫力があり、悪の華の華やかさがあります。吉右衛門には、それとは別の深さや厚みがあります。台詞が全く無いこの場面は、役者にとっては相当難しいものだと思いますが、全く目を離すことができない緊張感と幻想的で異様な雰囲気に釘付けになってしまいます。蝋燭の灯りがゆらゆらと揺れ、花道を遠ざかる弾正の影が舞台上の幕にだんだんと大きくなっていく演出は圧巻でした。妖術使いの弾正の不気味さと悪の大きさを余すところなく表現されています。

 現在観ることのできる最高の配役で、『伽羅先代萩』を上演してくれたことに感謝したい気持ちです。重い時代物の舞台を飽きることなく最初から最後まで楽しめたのは、ひとえに役者の力によるものだと思います。




秀山祭九月大歌舞伎 歌舞伎座 夜の部
   通し狂言 伽羅先代萩
           花水橋
           竹の間
           御 殿
           床 下
           対 決
           刃 傷












スポンサーサイト



テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2015年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
158位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム