fc2ブログ

七月大歌舞伎(夜の部)




 大阪歌舞伎の遠征から戻って、木挽町の歌舞伎座に来るとホッとした気持ちになります。夜の部は、怪談ものとあって楽しみも倍増。猛暑で外に出るのが嫌になるような昼下がり、よく冷えた電車に揺られてうたた寝しながら、夢うつつな気分で木挽町に到着。暑い日を涼しい歌舞伎座の中で過ごすのは、また格別です。


7月歌舞伎チラシ


 今月は、海老・玉(市川海老蔵と坂東玉三郎)出演とあってお客さんの入りもよく、売り切れも続出です。

 夜の部の最初の演目は、年に何度か必ず上演される『一谷嫩軍紀 =熊谷陣屋=』で、主役の熊谷直実を海老蔵が初役で挑戦しています。中村吉右衛門の当たり役で、他に松本幸四郎、片岡仁左衛門という大御所の役者が演じている難しい役です。吉右衛門に相当仕込まれた跡がはっきりとわかるくらい海老蔵も頑張っています。まだまだ学ばなければならないことが沢山ありますが、目力の凄さが、不足している分をかなり補っています。これからどんな直実に成長していくのか?楽しみです。

 後半は、最も楽しみにしていた『怪談 牡丹灯籠』です。歌舞伎で観るのは、初めてです。今回の『牡丹灯籠』は玉三郎による演出で、「新版 牡丹灯籠」と言えます。
 まず、一言「すご〜く、面白かった!」怪談で怖いはずなのに、何度笑ったことか? 一番良かった役者は、市川中車(香川照之)です。玉三郎演じるちょっと老けた女房お峰、お峰の夫・伴蔵を中車が演じます。この二人のやりとり、丁々発止が面白いのです。中車の良さを最大限に発揮できる配役で、玉三郎とコンビを組めることを心底楽しんで、のびのびとやっているのがわかります。
 そして、もう一人海老蔵が目を惹く役者ぶりを発揮していました。馬子久蔵というちょい役なのですが、出た瞬間に笑いがこぼれてくるようなとぼけ役です。顔は、チャップリンを彷彿とさせる化粧で、表情やとぼけた雰囲気もチャップリンに似ているかも・・・。いつだったか、亡くなった勘三郎が、海老蔵にはお笑いの素質があると言ってました。その通りです。海老蔵には、とぼけた面白い役ができる素質があります。まだまだ未開拓の才能が眠っているような、ダイヤモンドの原石のような存在なのです。

 最近、玉三郎の歌舞伎出演が減り、踊りも自ら制限してやらなくなってしまったことに、ちょっと憤りとガッカリ感を強く感じていました。玉三郎が、別の境地で(年増役や演出など)やっていこうとしているのかもしれません。今回の演出を見て、役者の才能を見出すことに長けているのだと思いました。玉三郎には、もっともっと舞台に出てもらって、踊りも沢山観たいと願うファンの一人ですが、これかもちゃんと見守っていきたいです。

 『牡丹灯籠』は、ぜひもう一度観たい演目です。ほぼ完売なので一幕見席でも行こうかな〜?と、考えています。











スポンサーサイト



テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2015年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
129位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム