fc2ブログ

ロミオとジュリエット〜ボリショイシネマ〜




 バレエに本格的にはまり始めてしまった今、何を観るか? とりあえず観たことのない演目を片っ端から見ることが重要であると思い、今回は『ロミオとジュリエット』に挑戦です。

 ボリショイバレエ団、2014ー21015シーズンのライブ・ビューイングです。


ロミオとジュリエット


 初めての『ロミオとジュリエット』でしたが、たぶん最高傑作の舞台を観たのではないか?と思う程、素晴らしかったです。「ただただ、凄い!」身体中に電撃が走るような感動を覚えました。

 最近たまたま、NHK「らららクラシック♪」で、『ロミオとジュリエット』の曲を取り上げていたのを見たので、伝統と格式を重んじたテーマ曲の意味がある程度わかった上で、バレエに臨めました。

 『ロミオとジュリエット』の素晴らしさは、セルゲイ・プロコフィエフと曲とユーリー・グリゴローヴィチの振り付け、衣装がピッタリと合っていることです。曲の流れと身体の動きが、見事に調和して気持ちがいいのです。

 そして、何と言ってもジュリエット役のアンナ・ニクーリナが、抜群の巧さでキュートで可愛らしい。恋する乙女の情熱、絶頂の幸福感とどん底という振り幅の大きさを踊りと表情で表す表現力の豊かさは圧巻です。ロミオとの二人の官能的で優雅な動きは、しなやかで柔軟な肢体を生かした美しい伸びやか姿が印象的です。ボリショイバレエ団の階級では、上から2番目のリーディング・ソリストですが、トップのプリンシパルになるのもそう遠いことではないでしょう。本当に楽しみなダンサーです。

 この演目のもう一つの見所は、男性ダンサーがものすごく引き立っていることです。主役が4人いるというのもうなずけます。その存在感が、正直男性ダンサーを観る目を変えさせます。動きの激しさ、力強さ、立ち回りのような戦いのシーン。ティボルトとマキューシオの性格の違いを振り付けによってここまで表現できるのか?という驚きを感じました。

 まさに『ロミオとジュリエット』にすっかり魅せら、虜になってしまった一日です。






スポンサーサイト



テーマ : バレエ
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2015年02月 | 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
158位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム