fc2ブログ

幸四郎、染五郎親子の競演!







 今月の国立劇場は、通し狂言『双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)』。松本幸四郎、市川染五郎親子が中心で公演しています。


双蝶々ポスター

 『双蝶々曲輪日記』の作者は、『菅原伝授手習鑑』『義経千本桜』『仮名手本忠臣蔵』と同じ竹田出雲・三好松洛・並木千柳の名作トリオです。どれも傑作(文楽や歌舞伎のみならず、日本の演劇史上の傑作だと思います。)で、大人気の演目です。

 題名の「双蝶々」は、濡髪長五郎(ぬれがみちょうごろう)と放駒長吉(はなれごまちょうきち)二人力士の名前から「長」の音を取り入れたものです。
 「角力場」と「引窓」の独立上演が多く、通しで上演されることはあまりありません。今回は「通し狂言」として上演されてますが、濡髪長五郎を中心とした構成で全てではありません。話しの筋と人間関係が複雑に絡み合い、全体の物語を把握するには、更に放駒長吉を中心とした上演をしてもらわないと全貌が掴めないぐらい長いお話です。

 今回中心となる濡髪長五郎を幸四郎が、放駒長吉を含め三役を染五郎が勤めています。役柄が任に合っていて、見応えのある舞台です。染五郎が満開の桜の中、追っ手から逃れるため清水観音の舞台から傘を広げて下りてくる宙乗りの場面は実に美しく印象的でした。

 「引窓」単独公演でも十分楽しめるのですが、やはり序幕からあると人物関係がよくわかり、「引窓」に至る経緯を深く知ることができました。実は、「引窓」後の場面がもう一段あるはずで通し狂言でやると聞いて今回楽しみにしていたのですが、そこはやりませんでした。「引窓」で大詰にした方が芝居としてはスッキリしますし、なくてもよい段だとは思うのですが、義太夫にはあるのでちょっと観てみたかったです。

 歌舞伎の舞台には主役ではないけれど、なくてはならない重要な存在があります。最近の舞台で感じたのが、中村東蔵の存在です。今回は、濡髪長五郎の母親役を演じてます。これだけ情感溢れる母親を演じられる役者は、他にいないのではないかと思います。東蔵がいるからこそ場面が引き締まり、素晴らしい舞台になっていると感じることが多いのです。
 「良い舞台だなぁ〜!」と感じる舞台には、必ず東蔵がいる。名脇役なくしては、名舞台は生まれません。今月は幸四郎の座組ですが、来月は藤十郎の座組、12月は吉右衛門の座組と国立で3ヶ月続けて東蔵は出演し続けます。これって、実は凄い役者なのではないでしょうか。これからはもっと脇役にも注目していきたいと思いました。





第290回 国立劇場十月歌舞伎公演
 通し狂言 双蝶々曲輪日記 四幕五場
       序 幕  新清水の場
       二幕目  堀江角力小屋の場
       三幕目  大宝寺町米屋の場
            難波芝居裏殺しの場
       四幕目  八幡の里引窓の場















スポンサーサイト



テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2014年10月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
158位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム