fc2ブログ

フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2014



 最も暑い時期、避暑地に行かれなくても「フェスタサマーミューザ」に行くのが恒例になっています。

 涼しいコンサート会場で、クラッシック音楽を聴くのは至福の時間です。
 

サマーミューザ


 昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワの会場風景
テアトロジーリオ 


 今回のサマーミューザは、東京交響楽団による三大シンフォニーを選択しました。誰もが子供の頃から馴染んでいる「未完成」「運命」「新世界より」。三つ同時に聴けるのはとても幸せな感じがします。


 最初の曲、シューベルト『未完成』は、涼しい会場で心地よい音楽がすっかり子守唄状態になってしまい、ぐっすり寝込んでしまいました - -;(南十字星妻)。寝不足の続いている真夏のコンサートならではです。

 次の曲はベートーヴェンの『運命』。私達の好みは、フルトヴェングラーの指揮のように冒頭から畳み掛けるような勢いのある「運命」です。今回の円光寺雅彦氏指揮のものは、第四楽章が珠玉でした。この第四楽章の勢いで、第一楽章冒頭の「ダダダダーン!」を始めてもらいたかったです。「運命」はスタートが肝心です。ちょっとおとなしめの第一楽章でした。

 ドヴォルザーク『新世界より』は、演奏も良かったのかもしれませんが、本当に素晴らしい曲であるとしみじみ感じました。第1楽章から第4楽章まで、どの部分をとっても郷愁を誘う、心に染みる音色です。
 第2楽章の主部の旋律は、『家路』(遠き山に日は落ちて)として有名です。懐かしい子供の頃の思い出が、よみがえってきます。ドヴォルザークが、アメリカに渡って祖国ボヘミア地方(現在のチェコ)への故郷の思いを綴った音楽とされているのが頷けます。



 今回の三大交響曲を一度に聴けるコンサートは、とっても素敵でした。













スポンサーサイト



プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2014年08月 | 09月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
129位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム