fc2ブログ

市川染五郎「伊達の十役」に挑む!




 今月の明治座花形歌舞伎は、ほとんど市川染五郎一人舞台です。特に、夜の部は一人で十役をこなし、40回を超える早替りで4時間にわたって出ずっぱりというハードな役に挑んでいます。


「慙紅葉汗顔見勢(はじもみじあせのかおみせ)ー伊達の十役ー」
伊達の十役2 

 このポスターの十人、すべて染五郎です。

 『伊達の十役』は、三代目市川猿之助(現猿翁)が、復活上演させた人気作品です。復活上演といっても、台本もなにもなく、わずかに残った絵番付を参考に一から作り上げ、昭和54年に復活させたのは実に164年ぶりです!猿翁のオリジナル新作といっていいと思います。

 2年前の8月には、新橋演舞場で海老蔵が十役をこなし、当ブログでもご紹介しました。一人十役・・!大変です・・!殿様から遊女、悪辣坊主に妖術使い、切ったり切られたり、裁いたり裁かれたり、男女どころか年齢も善悪も一人で演じ分けます。衣装も鬘も全然違います。
 海老蔵の時は、初めて観る十役早変わりに、ただただビックリして楽しんでいました。今回は、二度目なので少し冷静に早替りの瞬間を一生懸命チェックしていましたが、それでもどうやって早替りしたか?わかないものも多くて、改めてビックリしました。


 染五郎にとっても今月後半の舞台で、疲れもピークに達するころ。声もかすれ、甲高く少し裏返ったところが、勘三郎に良く似ていたり、何気ない横顔が芝翫に似ていたり、いろいろな表情を魅せる染五郎。
 第二幕の最後で魅せた裃姿の悪の華「仁木弾正」が空中の階段を一歩一歩上っていくような宙乗りは、本当に美しく見事です。



 昼・夜ともに初役で挑んだ染五郎は、もうこれ以上頑張れないくらい頑張ってました。
 昨年来の頑張りが、今後どのように芸の幅を広げてゆくのか楽しみです。








スポンサーサイト



プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2014年05月 | 06月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
158位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム