fc2ブログ

海の宝石たち!





 ブログの題名に「ときどき海」とありながら、今年は介護の関係でダイビングに行っていないので、海ネタを出していませんでした。
 ブログ名にもなっている「海」ですから一度ぐらいは出さないとと思い、過去の写真の中からダイバーでないと目にすることは難しいと思われる『海の宝石たち』をご紹介したいと思います。

 いわゆる「魚」と言われるものは、大きいものから小さいものまで水族館に行くと見られますが、「ウミウシ」や「貝」、「甲殻類」などはなかなか見られません。

 特に「ウミウシ(海牛)」と呼ばれる生物の美しさは、デザイナーが色彩の参考にするほど多彩で写真集も出ているほどです。

 ダイビングを始めて、最初に潜った時に目にした謎の美しい生物「ウミウシ」に惹かれ、真っ先に入手した本は図鑑ではなく「ウミウシ学」という本でした。

 その色彩美をご覧下さい。


「コンペイトウウミウシ」
コンペイトウウミウシ
 沖縄恩納村の海で南十字星妻がお試しで借りた水中カメラで初撮影したものです。ガイドのライティングが良かったためか素晴らしい写真で、これを超える写真が未だに撮れないのが悩みの種になってます(苦笑)


「コモンウミウシ」
コモンウミウシ 
 前に牛の角のようなものが2本でているのが特徴です。牛の角のようですが、名前の由来なのかはハッキリわかりません。


「サラサウミウシ」
サラサウミウシ 
 後ろにヒラヒラした尻尾のようなものがあるのも特徴の一つです。


「アメフラシ」
アメフラシ 
 「ウミウシ」と聞くと、「磯を歩いてて紫色の汁を出す気持ち悪い奴でしょ」と言われることがありますが、それはこの「アメフラシ」です。親戚筋ではありますが、ちょっと違います。


「ツリフネキヌヅツミガイ」
ツリフネキヌヅツミガイ 
 貝も目を見張るような色彩のものがたくさんいます。


「オルトマンワラエビ」
オルトマンワラエビ 
 足の長い「オルトマンワラエビ」は、岩礁に生息するヤギ類やウミトサカ類の上を歩いているためコントラストが美しく、ダイバーの格好の撮影対象になってます。


 海の中はまさにパラダイス!潜ってみないと何に出逢えるか分からない楽しさと驚きがあります。
最初の写真以外は全て伊豆の海の写真です。近場の海でも想像をはるかに超える素晴らしさです。是非一度チャレンジしてみては如何でしょうか? 運が良ければ、すごいモノに出逢えるかもしれません。







スポンサーサイト



プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2013年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
158位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム