fc2ブログ

初めてのフルサイズがやってきた♬





 夢のようなカメラの登場です。
 現在発売中のコンデジの中で、世界最高峰のカメラを入手しました。


知る人ぞ知る「ソニー RX1R」
ソニーRX1R


 何が凄いかと言うと。。。
 『35㎜フルサイズの撮像素子を搭載し、35㎜単焦点F2カールツァイスレンズ「ゾナー」と一体で設計されたコンパクトデジタルカメラ』だということです。

 カメラを趣味としない人にとっては、何のこっちゃ?ですよね(笑)

 ようするに、プロが使う大型の最高級一眼レフカメラに最高級のレンズを付けて撮った写真と同じものがコンパクトカメラで撮れるようになったということなんです(驚!!)

 この発想で設計したコンパクトデジタルカメラは初めてで、ニコンもキャノンもライカでさえ、高級コンデジの撮像素子は1段階下のDXです。まさに目から鱗の発想でビックリしました。

 とはいっても、実際に使ってみないとな〜と思って、借りて撮影した画を実はブログに数回掲載しています。8月4日リネンバード、8月15日、23日、27日に歌舞伎座で撮った写真です。あれ?っと思った人もいるかもしれません。




 ブログサイズの小さな写真では分かりにくいですが、ちょっと比較してみます。

「ソニーRX1Rで撮影」
RX1R試写 
「ニコンD3100+AF-S DX VR Zoom18-55㎜」生田緑地で愛用のカメラで撮影
D3000試写 

 どうですか?

 鮮明度にしても発色にしても数段違いますが、一番の違いは、写真の奥行感ですね。上の写真の方がより立体的に見えませんか?目でみた感じそのままに写し撮ってくれます。

 フルサイズの素子で2430万画素なので、大きくトリミングしても問題ありません。

 写真を綺麗に撮るには、カメラの画素数が多い方がいいと思っている方が多いですが、これは大きな間違いです。一番重要なのは、撮像素子といわれる画像を記憶するセンサーの大きさです。昔のフィルムカメラの1枚のネガの大きさが、フルサイズ(FXともいいます)といわれる大きさです。その下が、私達が愛用しているニコンD3100のような軽量小型一眼カメラ用のちょっと小さいDXサイズ(フィルムではAPS-Cと言っていました)。コンデジはさらに小さい素子で、携帯用カメラの素子などは豆粒ほどしかありません。



 このカメラは、レンズ交換ができない35㎜固定レンズなので、旅や街撮りでの使用が多くなると思います。生田緑地での生物撮影にはちょっと向かないですね。

 これからどんな写真が撮れていくのか楽しみです♬


 






スポンサーサイト



プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
158位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム