fc2ブログ

「ボレロ」と「アントニオ猪木」は暑い日によく似合う!



 クラッとする暑さの中、涼を求めてコンサートに行くのも一つの方法です。
 前回のパイプオルガン・リサイタルで、ミューザ川崎のシンフォニーホールがとっても気に入り、またすぐにチケットをゲットしてやって来ました。



「ミューザ川崎シンフォニーホール」の外観
ミューザ川崎



 今回の演目のポスター
名曲全集ポスター 
 指揮:ミシェル・プラッソン  ヴァイオリン:成田達輝  管弦楽:東京交響楽団
 曲目は、ドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」、交響詩「海」、
     ショーソンの「詩曲:作品25」、
     ラヴェルの「ツィガーヌ」と「ボレロ」
 80歳になるミシェル・プラッソンは、品の良い魅力的な方で洗練された素敵な演奏を演出します。
 ドビュッシーのような、はっきりとした輪郭のない印象で聴かせるような曲は、日本人の指揮者ではこう巧く音をまとめられません。生まれながらに持っている音感のためでしょうか?
 21歳の若きヴァイオリニスト・成田達輝は、超絶技巧の詰まった曲「ツィガーヌ」のソロで聴かせます。ところが、一番盛り上がってきたところで弦がプチッと!数分間の中断!「こんなこともあるんだなぁ〜」。
 戻ってきた彼をミシェル氏は、優しく励まし何事もなかったように演奏を続行。中断後の方が、音色も良くなり見事な演奏ができました。
 最後の「ボレロ」は、あの伝説のアイスダンスのペア、「トーヴィル&ディーン」のパーフェクトな演技が目に浮かぶ完璧な素晴らしい演奏で、あの時と同じように鳥肌が立つような感動が体中を突き抜けました。



 川崎駅前の街頭演説
アントニオ猪木候補 
 演奏会が終わり、ふらふらと駅前に出てみると。。。
 

ダー! 
「1、2、3、ダァー!!」


 気がつけば、隣の南十字星妻は一緒になって右拳を突き上げてました!ダァー!


 別に応援しているわけではないけど、猪木さんのポスターと名刺を貰って・・嬉しかった ♪
 帰ってから、いそいそと歌舞伎のチラシを大切にコレクションしているバインダーに挟み込みました ♬




スポンサーサイト



プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2013年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
129位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム