fc2ブログ

日本の固有種「シラネアオイ」



 今回の北海道で観察できた中で、なんといっても『ナンバー1』は、日本原産植物で日本の固有種であり、絶滅危惧種に指定されている「シラネアオイ」です。


「シラネアオイ(白根葵)」
シラネアオイ
 分類上、1科1属1種という特別な地位をいただいている正真正銘の日本の特産種「シラネアオイ」です。生物の分類は「界・門・鋼・目・科・属・種」というふうに大まかには分類されますが、シラネアオイ科の中では唯一で、他に類似の種がまったく存在しないという意味です。キンポウゲ科に属するという分類もあるようですが、最近は独立してシラネアオイ科として分けていることが多いようです。
 和名は、日光白根山に多く、花がタチアオイに似ていることからついたようです。北海道と本州中部地方以北の日本海側の高山で生えるそうですが、北海道は気温が低いため標高の低いところでもみられました。



「エゾエンゴグサ」
エゾエンゴグサ 
 ひと際明るいコバルトブルーが目をひく「エゾエンゴグサ」です。形は生田緑地にもあるケマンに似ていますが、花の密集度と葉が違います。本州北部の日本海側と北海道に生育します。雪解け後すぐに咲き始める早春の花で、これもスプリング・エフェメラル(春の妖精)と呼ばれています。


「エゾシモツケ」
エゾシモツケ 
 北海道と本州下北半島にのみ分布する「エゾシモツケ」です。雪のような白い花がとても綺麗です。



「マムシグサ」
マムシグサ 
 北海道から九州まで分布するみたいですが、生田緑地ではみられません。茎にある斑な模様がマムシの皮膚の模様に似ているので「マムシグサ」の和名となったようです。そう言われてみればマムシの皮膚に似てなくもないです。



「ライラック」 この時期の北海道といえばこの花です。
ライラック 
ライラック ピンク 



 今年の北海道はほんとうに寒かったようで、「札幌ライラック祭り」に間に合わず、開花は祭りが終わってからだったそうです。関東の桜とは随分違いますね。
 ライラックの開花が遅れたお蔭で、桜と梅とツツジとライラックを同時に見ることができました。








スポンサーサイト



プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2013年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
158位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム