fc2ブログ

コナラもこんなに大きくなりました





 ドングリから育てている「コナラ」もこんなに大きくなりました。3枚目の葉が出て来ています。そろそろ鉢を分けないといけませんね。
コナラ第2弾 



 ここからは、月曜日に撮影した生田緑地の植物です。


「ウツギ(空木)」
ウツギ
 茎の中心が空洞になっているので、「空木」という名がついています。この花を撮っていたら、『アオバセセリがいましたか?』と声をかけられました。「アオバセセリ」とは、生田緑地では棲息数が少ない美しい蝶のことです。蝶を専門に撮影している方のようで、アオバセセリは「ウツギ」が大好きで午前中なら見られる可能性があるというのを教わりました。
 生田緑地を歩いていると、野鳥、蝶、昆虫、植物などそれぞれ専門に撮影している方々によく出会い、声を掛けられます。こちらが分からないと丁寧に教えていただけることが多いので勉強になります。持っているレンズや装備で何を狙っているのかは大体分かります。


「カラスノエンドウ」
カラスノエンドウ 
 秋に実が熟すとエンドウマメのような実が黒くなり、カラスの嘴のように割れるので「カラスノエンドウ」といいます。もう少し小形で良く似た「スズメノエンドウ」というのもあります。


「マツの雄花と雌花」
マツの雄花と雌花 
 中学の理科の教科書によく出てくるマツの花です。マツは下に雄花、上の方に雌花がつきます。花粉を飛ばすには、雌花は下の方にあった方がいいのでは?と疑問がわきますが、マツの花粉には空気袋がついているため、風で舞い遠くまで飛び、この程度の高さでは全く問題にならないようです。


 スギやヒノキの花粉の飛散もおさまって来たようで、随分と楽になってきました。






スポンサーサイト



プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2013年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
72位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム