fc2ブログ

歌舞伎観劇のための参考書籍




 新歌舞伎座の開場がいよいよ間近に迫ってきました。
 この機会に歌舞伎を観てみたい!どんなものか知りたい!事前に勉強したい!という方のために、参考書籍をご紹介します。実は、歌舞伎に関する書籍はもの凄い数に上ります。歌舞伎全般の入門書から役者に関するもの、役者が書いたもの、歴史書、衣装や音楽に関するもの、戯曲集など。。専門の古書店があるくらいですから侮れません。
 そこで、私達が長年使っているものの中から選りすぐりの『これは揃えておきたい』という書籍をご案内します。(Amazonから画像を引っ張ってこれなかったものは写真を掲載しているので大きさがまちまちになってしまいました)



◯「歌舞伎名作ガイド50選」
 一番最初に購入した本です。歌舞伎を見たいけれど、何があってどんな舞台なのか?という素朴な疑問にビジュアルで応えてくれる入門書です。写真を見ているだけで、あれが見てみたいこれが見てみたいという気にさせてくれます。舞台写真とあらすじ、みどころ、名台詞、歌舞伎用語、家系図など最初に知りたいことは全て書かれています。この名作中の名作50選をすべて見るだけでも相当な年月がかかります。私達もまだ5〜6作品見れてません。

一冊でわかる歌舞伎名作ガイド50選一冊でわかる歌舞伎名作ガイド50選
(2012/10)
鎌倉 惠子

商品詳細を見る


◯「かぶき手帖」
 何回か観劇すると必要になってくる俳優名鑑です。毎年年度版が出るので、数年に一度買い替えの必要が出て来ます。歌舞伎座で販売しているので、いろいろな役者に興味が出始めたとき、観劇途中でいつでも購入することができます。手のひらサイズでコンパクトに出来ているので、持ち歩いてる人も多いです。

歌舞伎手帳かぶき手帖 2012年版
(2012/04)
日本俳優協会、松竹株式会社 他

商品詳細を見る


◯「新版 歌舞伎手帖」
 しばらく歌舞伎を見続けると、今後の予定演目を調べるのに「歌舞伎名作ガイド50選」では足りないのに気付いてきます。そこで購入したのがこの本です。写真はありませんが、1ページ1演目で全310作品のあらすじ、みどころ、裏話などをコンパクトにまとめています。随分活用しましたが、「歌舞伎名作事典」と「舞踏名作事典」を入手してからはあまり見なくなりました。
     新版 歌舞伎手帖新版 歌舞伎手帖
(2001/01/18)
渡辺 保

商品詳細を見る


◯「歌舞伎への招待」
 戦後の歌舞伎批評を確立した戸板康二氏の名著を岩波現代文庫が復刻したものです。芝居通の間で当然とされている約束事をテーマ別に解説したものです。最高の歌舞伎入門書として絶賛されていますが、少し歌舞伎を見続けてから読みはじめた方が入りやすい内容かと思います。歌舞伎鑑賞を趣味とされる方は、必ず持っておきたい本で、何度も繰り返し読むことになる羅針盤的な名著です。
歌舞伎への招待 (岩波現代文庫)歌舞伎への招待 (岩波現代文庫)
(2004/01/16)
戸板 康二

商品詳細を見る



◯「歌舞伎名作事典」と「舞踏名作事典」
 どんどん歌舞伎を見るようになってくると、「新版 歌舞伎手帖」310作品でも載っていないものが多くあることに気付きます。そこで探しあてたのがこの2冊です。「歌舞伎名作事典」は舞踏以外の307作品を網羅し、「舞踏名作事典」は230番の舞踏曲を扱っているので、合わせて537演目をこの2冊で扱っていることになります。白黒とはいえ写真も掲載され、作品内容や見所の説明は充実しています。現在興行されている演目のほとんどは載っていますので、この2冊は非常に重宝します。なかなか手に入りにくい書物で、我が家のものは古書店で手に入れたものですが、国立劇場で販売しているのを確認しました。国立劇場に歌舞伎を観に行く機会があったら、購入しておくべき作品集です。
        歌舞伎名作事典―三大名作からスーパー歌舞伎まで307狂言歌舞伎名作事典―三大名作からスーパー歌舞伎まで307狂言
(1996/08)
不明

商品詳細を見る


舞踏名作事典 



 歌舞伎の演目の多さに驚かれる方も多いと思いますが、最近は上演されることのなくなった埋もれた作品がまだまだ沢山あります。また、現代でも新作は作られ続けています。毎年、何十年振りとか百数十年ぶりの復活狂言というような上演もあり、ここで見とかないと次はないかもというような切迫した思いでついつい足を運んでしまいます。
 「名作ガイド50選」に出てくるような人気の作品は何度も繰り返し上演されますが、これも演じ手が違うとまた違うというように楽しみの尽きる所がないのが歌舞伎のいいところです。

 いくつかの書物を紹介しましたが、歌舞伎を知る一番の方法は、たくさん観て聞いて感性を磨くことに尽きると思います。是非、新歌舞伎座に足を運んでみてください。











スポンサーサイト



プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2013年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
129位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム