fc2ブログ

アカゲラ発見!





 昨日の生田緑地には、野鳥撮影のため大型レンズを取り付けた個人やグループが大勢きていました。急に暖かくなったので、野鳥達の動きも活発です。発見情報の交換をしながらのソロリソロリとした観察が続きます。「アカゲラ」を発見し撮影している時も、「何がいますか?」と、大きなフィールドスコープを抱えた人から声を掛けられました。「アカゲラ」の名前を覚えてて良かったーと思った瞬間です。自然観察をしていると、同じものを探している人から良く声を掛けられます。一眼カメラのレンズを見ると、何を狙っているのか分かるんです。勉強して覚えていないと、ちゃんと応えられないのでドキドキしますね ^^;


「アカゲラ♀」
 キツツキ科の野鳥なので、樹木の幹をコツコツします。雄は後頭部も赤いので、これは雌ですね。姿をなかなか見つけられない鳥で、見つけられるととてもラッキーです。
アカゲラ



 あまりお目にかかれないので、もう一枚。結構遠い所にいたので、このぐらいの拡大が精一杯です。
アカゲラ2 



 奥の池は相変わらず凍っています。氷の下に鯉らしきものが・・・。子供達が金魚〜♪と言って騒いでいました ^^ 凍りついているのかなと思って暫く見ていると、少し動きます。必要最小限の機能で生命を維持している、半冬眠の状態のようです。この氷の下には、多くの亀もじっと春を待っています。
氷の下に 



 谷戸(湧き水の流れる谷間)に降りて、小さな生物を探していると、枯れ葉を巻き付けて住居にしている蜘蛛を発見しました。種類は同定できていません。生田緑地には、36科223種類のクモの記録があります。昆虫やクモ(クモは昆虫には入りません)も私達の観察対象になっていて、いままで沢山の写真ストックがあるのですが、昨年はあまりブログに載せませんでした。今年は、少しずつ出していきたいな思っています。
枯れ葉の中の蜘蛛 



 今の時期には珍しい綺麗な円網(えんもう)のクモの巣です。クモの糸は、実は一本ではなく、大体二本をよって作られています。巣の形や編み方もいろいろあり、クモが居座っている場所も違います。巣だけで一冊の研究本が出来るぐらい奥深いです。
円網 


 自然観察も、一応出かける前にテーマを持って出かけて行きます。上を見るか下を見るか、マクロな眼で見るかワイドな目で見るか、どこを探すかが違ってきてしまうので重要です。本当は、一つに的を絞った方が知識も深まっていいのですが、気が多いもので今のところ総ての生物を対象にしています。その内に、興味のある対象が絞られていくかもしれません。





スポンサーサイト



プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2013年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
50位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム