fc2ブログ

新歌舞伎座開場杮葺落興行の販売方法が発表になりました



 本日、松竹歌舞伎会会員に毎月送付される「ほうおう」2月号が届きました。
 これだけで、貴重な参考資料になる充実した会報です。
ほうおう


 この会報で、ついに杮葺落興行の販売方法が告知されました。
 杮葺落興行は、来年4月〜再来年3月までの一年間続きますが、その内、4月〜6月の演目については既に12月19日発表されています。詳細は、歌舞伎公式総合サイト「歌舞伎美人 かぶきびと」をご覧下さい。

 最初の3ヶ月間のチケット入手は、歌舞伎会会員にならないと難しい感じです。
 4月興行の発売は、会員は、2月7日〜17日まで会員ランクに応じて順次先行発売が開始されます。
 一般は、2月8日までに往復葉書で申し込み抽選です。ただし、会員先行発売が終了後に席の確保が始まります。最後は、残席があれば3月12日から一般前売りです。つづく5月6月興行も同じ方法がとられます。
 もし、杮葺落興行をご覧になりたい方は、今から歌舞伎会会員にならないと難しいと思います。


 期待してあれこれ想像を巡らしていた演目ですが、発表された演目を見てちょっと残念な印象を持っています。最初の三ヶ月は三部構成です。通常、昼夜の二部構成のところを三部にした関係から、中途半端な構成になった感を否めません。
 また、市川猿之助の「おもだか屋」一門が3ヶ月間の興行で一度も出ず、若手役者の出演も少なくなっています。新しい歌舞伎座の杮葺落興行は、日本人にとっても一生に一度観れるか観れないか、歌舞伎界にとっても今後の発展の為に大事な興行であるはずですから、「最高のメンバーで、これがいま観せられる一番な歌舞伎」を魅せて欲しかったです。そして、今後を担う花形役者達をもっと中心に据えて欲しかった気がします。

 とは言っても、やはり杮葺落しだけあって役者は、素晴らしいメンバーです。
人間国宝の吉右衛門、菊五郎、玉三郎、藤十郎をはじめ團十郎、仁左衛門、幸四郎、三津五郎、左團次、時蔵、梅玉、福助、橋之助、秀太郎等々、若手では勘九郎&七之助兄弟、獅童、菊之助、染五郎、松緑などこれだけの豪華メンバーは、襲名披露でも揃いません。
 4月には、亡き勘三郎に捧げる演目もあります。
たぶん、初日の歌舞伎は、有名人、芸能人が多数観に来ると思います。芸能人を見に行くのも面白いかもしれません。楽しみ方は、人それぞれです。
 この機会に歌舞伎を観てみるのは、新たな発見があるのではないでしょうか。
 来年は、歌舞伎初体験をするにはまたとない機会です。




スポンサーサイト



プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2012年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2324位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
148位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム