fc2ブログ

野鳥対決の結果は・・・

 
 き〜んと冷えた空気の中を静かに耳を澄ませ、鳥の声をたどって歩いてみるのも、楽しいものです。
 鳥の姿を見つけられた時は、また格別な気分です。
   
『コゲラ』
 こつこつ音のする先にいました。スズメ大の最も小さなキツツキです。背中の縞模様が、くっきりしていて遠くからでもわかりました。
コゲラ
 


『コゲラ』の正面顔。以外とふっくらしていてつぶらな瞳です。
コゲラ正面顔 


 『メジロ』 
 全体が黄緑色で、目のまわりの白い輪が目立つ鳥です。すばしこく動きまわるので、なかなかうまく撮れません。まさにスーパーショット?! 椿の花の周辺を行ったり来たりしてました。
メジロ 



 『シジュウカラ』 
 黒い頭と白い頬、このアングルでは分かりにくいですが、胸から腹を通る黒く太い縦線が特徴です。生田緑地には、一年を通じて見られる鳥ですが、葉っぱの無くなる冬でないと私たちには、まだ見つけられません。
シジュウカラ 


 『キジバト』別名ヤマバト
 ドバトと違い綺麗なハトです。背中の赤褐色と黒のうろこ模様が特徴的で、首には黒と青灰色の横じま斑があります。冬の時期に見ると、この色は温ったかそうに見えます。
キジバト 


 こちらは、ハワイの野鳥シリーズでアップした『キジバト』です。
 日本のキジバトよりも羽の色が薄く、小柄でスマートです。首の横じま斑の方が目立ってますね。場所が異なると、こんなに違うので比べてみると面白いです。
Spotted Dove 


 『シメ』
 くちばしが太く、尾が短い小太りの淡褐色の鳥です。くちばしのまわりの黒いよだれかけが特徴。
食べることに夢中なのか、しばらく同じところに居るので見つけると観察しやすい鳥です。鳥は、食べるエサによって嘴の太さ大きさが違うのが特徴で、シメは固い種子も割って食べるため力強く太い嘴を持ってます。
シメ 12/24 


 「ボーイング777-200」
 生田緑地上空は、自衛隊の航空路になっているらしく頻繁に様々な飛行機が飛び交います。今日は、いつもと違うルートから自衛隊機とは思えないシルエットの飛行機が飛んできました。主翼下に書かれた機体番号から「ボーイング777-200」と判明。垂直尾翼の迷彩からANAな気がします。民間機が飛んでいるのは珍しいです。
ボーイング777-200 



 冬の澄み切った空を見ると、空気も澄み切っておいしく感じます。
しかし、その冷たさで鼻がもげそうになります。
 鳥の声が木立に響き渡り、空気がいっそう透明感を帯びてくるようです。


 この日は、他に、『アオジ』『ヒヨドリ』『ハクセキレイ』『ハシブトカラス』『ツグミ?』が観察出来ました。去年の同時期もそうでしたが、野鳥の数が少ない気がします。




スポンサーサイト



プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2012年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2324位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
148位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム