fc2ブログ

ワイキキで見られる昆虫たち

 


 常夏の島ではどんな昆虫に出会えるかと張り切って探したのですが、まったく見つかりません。蜜のある草花や葉の裏、水辺の植物の蔭や茂みの中など居そうな所を丹念に探したんですが、ワイキキで昆虫を探すのは、意外に難しかったです。草花や樹木が沢山あるので、さぞ昆虫にも沢山出会えると思いきや・・・手入れされているため、殺虫剤も多く使用されているのでしょう。開発されたワイキキは、昆虫には住みにくいところなのかも知れません。

 やっと見つけて写真に収められたのは4種類のみ。もう1種類、蝶が見られるのですが、写真を撮るのは至難の業です。

「モナークチョウ」和名 オオカバマダラ
 陽の良く当たる花には、ひらひらと蝶が舞っています。
モナークチョウ


 オレンジ色の羽と白い斑点が、とても特徴的な綺麗な蝶です。白い個体もいるらしいのですが発見できませんでした。
羽を開いたところ 


「ミツバチと花粉玉」
 ミツバチは、働き者です。花粉玉が大きくて、重いのではないかと思うのですが、体中花粉だらけになって、できる限りの蜜と花粉を集めてました。ミツバチは、この花粉玉に蜜を塗って保存します。その花粉玉を生まれて間もないミツバチが食べたときに、咽頭線から分泌されるものをローヤルゼリーといいます。ローヤルゼリーは、女王蜂の食料です。
 これだけ大きな花粉玉ですから、相当な数の花を飛び回っていると思います。このミツバチは、生まれてくるミツバチのため、女王蜂のために毎日働き続けているのだなぁ〜!
ミツバチと花粉玉 


「ブラウンアノール♂」
 この子は、トカゲ(アノールとはトカゲの総称)です。やもり(英語でゲッコーといいます)ではありません。もちろん、いもりでもありません。トカゲとやもりは爬虫類ですが、いもりは両生類です。トカゲは、恐竜の仲間です。
 やもりの足指は丸く、トカゲであるアノールは細長いです。しっぽも、トカゲの方がやもりよりも細長いのが特徴です。「ブラウンアノール」は、のど仏のあたりが、赤いものがオス、赤くないものがメスです。
ブラウンアノール♂ 



「テントウムシ?」(未同定)
 「変わったテントウムシ発見!」と、喜んだのですが、本当にテントウムシなのか? 星はたぶん八つです。八星テントウは聞いたことがありません。何という名前の昆虫なのか? いまのところわかりませんでしたが、珍しいのでアップしてみました。どなたか分かる方教えて下さい。
テントウムシ(不明) 


 ハワイには、自然が溢れています。良く整備されたワイキキでは、昆虫の数は少ないのもかも知れません。次回は、野生の自然に触れてみたいと思いました。オアフ島には、多くのトレッキングコースがあることを帰国してから知りました。次の目標と楽しみが、増えた気がします。
 
 ハワイは、何回行っても新しいものに出会えるパラダイスです。
 これかも、色々な発見をしたいと思っています。






スポンサーサイト



プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2012年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1577位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
87位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム