fc2ブログ

海の宝石たち!





 ブログの題名に「ときどき海」とありながら、今年は介護の関係でダイビングに行っていないので、海ネタを出していませんでした。
 ブログ名にもなっている「海」ですから一度ぐらいは出さないとと思い、過去の写真の中からダイバーでないと目にすることは難しいと思われる『海の宝石たち』をご紹介したいと思います。

 いわゆる「魚」と言われるものは、大きいものから小さいものまで水族館に行くと見られますが、「ウミウシ」や「貝」、「甲殻類」などはなかなか見られません。

 特に「ウミウシ(海牛)」と呼ばれる生物の美しさは、デザイナーが色彩の参考にするほど多彩で写真集も出ているほどです。

 ダイビングを始めて、最初に潜った時に目にした謎の美しい生物「ウミウシ」に惹かれ、真っ先に入手した本は図鑑ではなく「ウミウシ学」という本でした。

 その色彩美をご覧下さい。


「コンペイトウウミウシ」
コンペイトウウミウシ
 沖縄恩納村の海で南十字星妻がお試しで借りた水中カメラで初撮影したものです。ガイドのライティングが良かったためか素晴らしい写真で、これを超える写真が未だに撮れないのが悩みの種になってます(苦笑)


「コモンウミウシ」
コモンウミウシ 
 前に牛の角のようなものが2本でているのが特徴です。牛の角のようですが、名前の由来なのかはハッキリわかりません。


「サラサウミウシ」
サラサウミウシ 
 後ろにヒラヒラした尻尾のようなものがあるのも特徴の一つです。


「アメフラシ」
アメフラシ 
 「ウミウシ」と聞くと、「磯を歩いてて紫色の汁を出す気持ち悪い奴でしょ」と言われることがありますが、それはこの「アメフラシ」です。親戚筋ではありますが、ちょっと違います。


「ツリフネキヌヅツミガイ」
ツリフネキヌヅツミガイ 
 貝も目を見張るような色彩のものがたくさんいます。


「オルトマンワラエビ」
オルトマンワラエビ 
 足の長い「オルトマンワラエビ」は、岩礁に生息するヤギ類やウミトサカ類の上を歩いているためコントラストが美しく、ダイバーの格好の撮影対象になってます。


 海の中はまさにパラダイス!潜ってみないと何に出逢えるか分からない楽しさと驚きがあります。
最初の写真以外は全て伊豆の海の写真です。近場の海でも想像をはるかに超える素晴らしさです。是非一度チャレンジしてみては如何でしょうか? 運が良ければ、すごいモノに出逢えるかもしれません。







フィールド観察の参考書〜海洋生物〜



 天気が悪かったり晴れても風が強かったりで、なかなかフィールド観察に出かけられません。
 そんな日でも、調べものをしたり写真を整理したりと、やることが沢山あるのが自然を相手とした趣味のいいところです。ブログの題名のように、陸と海の両方を対象としたフィールド観察と歌舞伎観劇だけでも日々なかなか忙しいものです。


 撮ってきた写真を基に、調べて知識を深めていくためには図鑑などの資料がかかせません。インターネットで調べることも多いですが、普段から図鑑を眺めていることも観察の大事な準備になってきます。自然相手では、知識として持ち合わせていなければ、貴重な観察対象が目の前に現れて通り過ぎても気づかずに終わってしまいます。ただ歩いていても観察眼を養わないと何も見つけられずに帰ってくるばかりです。
 なので、図鑑や事典と称するものが本棚に段々と溢れてきてしまいます。買って失敗したなと思うものもたくさんあるのですが、普段からよく使っているものを参考にご紹介します。


 まずは、私達のフィールド観察の原点である海洋生物に関するものから。。。


◯「山渓ハンディ図鑑13 日本の海水魚」
 ダイビングを初めて最初に購入した図鑑です。当時、ハンディ版が新しく出たばかりで写真がとても綺麗です。最初の頃は、見れた魚のページに付箋をつけて楽しんでいました。懐かしい〜☆ ダイビング後の確認では大活躍の図鑑です。

日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)
(2008/08/29)
吉野 雄輔

商品詳細を見る


◯「伊豆の海水魚」
 伊豆をメインに潜り始めてから購入したもので、生態観察を中心に書かれています。闘争、求愛、産卵などの写真とともに、繁殖期や産卵時期などの解説もあり、生物観察を本格的に始めてみたいなと思った切っ掛けとなった本です。ダイビングに行かれない時に、一番眺めている図鑑です。 

生態観察ガイド 伊豆の海水魚生態観察ガイド 伊豆の海水魚
(2002/12)
瓜生 知史

商品詳細を見る


◯上記の二冊は、主に魚の図鑑です。海の中には、魚以外の生物もたくさんいるので専門的な図鑑がだんだんと増えていきます。エビ・カニ等の甲殻類の図鑑、ウミウシの図鑑、イカ・タコの図鑑、ハゼの図鑑等々・・・キリがありません ^^; けど、欲しくなるんです。

海の甲殻類 (ネイチャーガイド)海の甲殻類 (ネイチャーガイド)
(2000/11/01)
峯水 亮

商品詳細を見る

  













葉山柴崎(ダイバーとしての出発地)


 この時期になると必ず思い出す、葉山柴崎。
 私達がダイビング講習を受けた場所であり、思い出がたくさんのダイバーとしての出発地です。


 ここ柴崎海岸一帯は、葉山町の天然記念物の指定を受けていて自然のまま保護されています。葉山御用邸もすぐ近くにあり、昭和天皇も研究に訪れていました。ダイビングを始めた頃のホームグラウンドです。
柴崎海岸



 天然記念物に指定されているため、ダイビングのための設備は何もありません。この堤防上でタンクを背負い、階段を下りて行きます。
堤防上 



 思い出深い階段です。帰りは、ここを登ってくるのが最大の難所でした。最初の頃は、青息吐息で転ばないように必死です。
エントリー階段 



 ダイビングポイントまで、階段を下りてから磯を歩きます。この写真は、2008年12月27日。冬は富士山が綺麗に見えます。(写っているのは私達ではありません。)
権太郎岩へ 



 最後は、浅瀬を少し歩いてフィンを着けて潜行します。行きも帰りも本当に大変でした。伊豆でも沖縄でもこんなことはありません。どこも設備が整っているので、楽々で、ここは特別ですね。最初は、ここしか知らなかったので、ダイビングはなんて大変なんだろうと思いました。
海へ 


 今は、伊豆海洋公園をホームグラウンドとしていますが、時々葉山にも行きたくなります。海も景色も素晴らしく、美味しいものも沢山ある葉山は、ダイビングじゃなくてもお勧めです。


「嵐を呼ぶ女」がジンクスを破った海 その3



 このシリーズ最後の章です。



「チーム集合!」
 我々のチームは5人+ガイドの計6人でした。
 私達も随分経験を重ねてきましたが、他のメンバーは、ガイドが出来るぐらいの超ベテラン揃いです。ベテランダイバーのダイビングを見ながら、日々上達している最中です。
 ガイドが探してくれた生物を順番で見ているのですが、運が悪いと番が回って来た時いなくなってしまうこともあります。みんなが見れるように「全員集合!」
チーム集合




「体験ダイビング中」
 この日の海は、ダイバーたちで混み合っていました。
 この写真の中に体験ダイビングの人がいます。中央でインストラクターにつり下げられてる人分かりますか?体験ダイビングはダイバー講習を受けていないので、自力では何もしません。ある意味、楽々です。5m程の深度を見せてもらい楽しさを体感します。
ダイバーとノンダイバー 


「金目鯛押し寿司」
 伊豆高原駅の売店でゲットしました。時々面白いものを見つけ試してみるのも楽しいです。
この押し寿司も美味しかったです。
金目鯛押し寿司 


 ダイビングの楽しさの一つは、全く別の世界に生きている人たちに出会えることです。
職業も住むところも異なる人たちが、趣味が同じということでここに集まって来ます。
 気が合うと「また一緒に潜ろうね!」と言って別れ、再会を喜び合うというダイビング仲間は本当によいものです。

「嵐を呼ぶ女」がジンクスを破った海 その2



 ブルーの海の中は、群ればかりでなく色とりどりの魚たちが私たちを出迎えてくれました。



「サクラダイ♀」
 生まれた時は全て雌で生まれ、成長し体の大きい雌が雄に性転換します。雄は真紅の体に白い桜の花びらを散らしたような白い斑点が点在しとても美しいです。このサクラダイは水深22mぐらいで撮影しました。今回のベストショットです。
サクラダイ♀


「アオリイカ」
 目の前を行ったり来たり、遊んでいたのか?怒っていたのか?
めまぐるしく体の色を変化させながら、しばらく漂っていました。
アオリイカ 


「クマノミとサラサエビ」
 サンゴイソギンチャクの中に隠れたり、顔を出したりしているクマノミはとってもかわいいのですが、結構気が強くて攻撃的です。一方、サラサエビは「我関せず!」と言った様子です。
クマノミとサラサエビ 


「ツユベラ幼魚」
 オレンジ色が鮮やかで、目立つのですが動きが早くて、なかなかカメラに納まりません。
 ナイスショット!(自画自賛(笑))
ツユベラの幼魚 


 福岡から伊豆の海に潜りに来た友達のために、この日の海は大サービスで色々なものを見せてくれました。


プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
50位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム