fc2ブログ

明治座花形歌舞伎:菊之助、勘九郎、七之助そろい踏み!(夜の部)




 明治座では、尾上菊之助を座頭に中村勘九郎、七之助兄弟の花形歌舞伎が上演されています。今回は「夜の部」の観劇です。

明治座定紋 

 最初の演目は、井上ひさしの直木賞受賞作「手鎖心中」を舞台化した『浮かれ心中』です。
 物語は、大店の若旦那・栄次郎(勘九郎)が、劇作家になろうと話題作りのため友達の太助(坂東亀三郎)に協力してもらい次々と茶番劇を繰り広げる、笑いあふれる舞台です。

 勘九郎は父・勘三郎に近づけようとして、間合いが合わず空回りして笑いを取れない場面が目立ちます。勘九郎がどんなに勘三郎に似ていても、勘三郎ではありません。意識し過ぎるとかえって面白ろくなくなってしまいます。このところちょっと泥沼にはまってしまった感があり残念です。勘九郎自身の自分の道を見つけてほしいです。

 その中で、亀三郎の好演が目を惹きました。良く通る声と可笑しみ溢れる太助の役柄が、この人の存在感を大きくしています。

 そして、栄次郎の妻・おすずを勤めた菊之助。お笑いの舞台の中では、ちょっと浮いた存在でかみ合っていないような感じがします。ところが茶番喧嘩の場面で、いきなり女の声からドスの利いた男の声に変わった瞬間、全てを菊之助に持っていかれたような気がしました。勘九郎の頑張りも菊之助の豹変の凄さには、全く太刀打ちできません。まさに、菊之助が菊五郎へと進化している途中経過を見ているような面白さがあります。


 もう一つの演目『二人椀久』は、松の大樹を背景にした幻想的な美しい舞踊舞台です。
 これは、三年前新橋演舞場で観た市川染五郎(椀屋久兵衛)と菊之助(松山太夫)のコンビが素晴らしく見事だったので、それが私達の基準になります。
 それに比べると、今回はかなり評価が下がるかもしれません。その理由は、まず菊之助は女方の踊りの方が断然良いからです。美しさ、艶っぽさ、踊りの巧さ、どれをとっても遊女松山にふさわしい。久兵衛の踊りも巧いですが、遊女が観たいと強く思ってしまいます。
 そして、もう一つの理由は、七之助の松山太夫です。きりりとした硬質な美しさの七之助の遊女は、艶っぽさと華やかさが足りません。踊りの腕は大分上がってきたものの、夢の中に現れる幻想的は遊女松山には役不足です。菊之助の遊女のような、ハッと息を呑む美しさやオーラが無いのです。これは努力して身につけるものではないので、七之助に求めるのは酷なことかもしれません。

 『二人椀久』の舞台は、本当に美しく舞踊の中でも特に好きな演目です。ピッタリと合ったコンビで踊る『二人椀久』は極上で、絶品の芸術作品だと思います。染五郎、菊之助を超えるコンビに出逢えることを楽しみにしています。








スポンサーサイト



テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

染五郎、新作歌舞伎『幻想神空海』に挑む!



 四月大歌舞伎「夜の部」は、夢枕獏原作の新作歌舞伎が上演されています。

四月歌舞伎座

 最初の演目『彦山権現誓助劔:杉坂墓所/毛谷村』
 これは浄瑠璃の十一段からなる物語ですが、歌舞伎では九段目の「毛谷村」だけが上演されることが多いです。今回は、「杉坂墓所」からの上演で毛谷村六助が置かれた状況がわかりやすくなりました。
 片岡仁左衛門は、まさに今が脂が乗り切った円熟期。義理、人情に厚い六助役をさらりと自然に演じています。仁左衛門はただ出て来るだけで、舞台が華やかでパッと明るくなります。

 『毛谷村』の見どころは、お園です。「女武道」の勇ましさと、六助が許嫁と知った後の女らしさ、可愛らしさの切り替えが見物です。このお園は仁左衛門の長男・孝太郎が勤めています。親子で演じる舞台は、やり易さとやり難さがあると思いますが、孝太郎も頑張っています。勇ましさと女らしさの切り替えは、少し極端でベタベタした印象がありまだまだな感じもします。もっと練れてくると孝太郎に合っている役柄だと思います。


 次の演目が期待の新作『幻想神空海』です。新歌舞伎座開場式の時の夢枕獏の新作歌舞伎『陰陽師』がとっても良かったので、期待をしていました。
 今回の主役も市川染五郎が、勤めています。出ずっぱりの上、台詞も多くて長く、いつもながらに大変だなぁ〜と思いながら観ていました。
 空海を勤める染五郎と橘逸勢役の尾上松也のコンビで繰り広げられる不思議な世界は、結構面白いのですが、新作の難しさも露呈しています。主役は、空海なのか? 楊貴妃なのか? 登場人物の関係が、よくわからなかったり、実際登場しない人物が、物語上重要だったりと込み入った話しになっています。もっと的を絞って、簡潔にできるところは思い切り省略した方が良いと思います。
2時間20分の演目を休憩なしに上演されると、さすがに疲れます。
 新作歌舞伎は、楽しみの一つですがもっと工夫が必要なのも確かです。どれだけの新作が後世に残るかは、その作品をより良いものに育てていくことが不可欠です。人気演目として頻繁に上演される作品は、長い年月をかけて練り上げ、育ててきた努力の賜物です。

 夢枕獏の作品は、結構歌舞伎に向いているとは思います。幻想的な雰囲気や妖ものなどは、歌舞伎の得意技なので、この分野の新作はこれからも力を入れていって欲しいと願っています。もう一度『陰陽師』をやってほしいとも思いますし、「陰陽師」の続編を作ってほしいなと思う気持ちも強くあります。

 最近、オペラを観るようになって思ったのは、時代背景を変えたり、いろいろな演出家を起用して新演出による舞台にチャレンジしてほしいなと思いました。亡くなった中村勘三郎が、野田英樹や串田和美の演出で、大胆で、面白い歌舞伎を魅せてくれたような、骨格の部分は変えないで演出による変革で新しいものを魅せてくれることも必要だと感じています。










テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

明治座:菊之助、勘九郎、七之助の花形歌舞伎(昼の部)




 久しぶりの「明治座」で、気分がウキウキします。
 通り沿いの桜も、最後の花びらが花吹雪となって風に舞っています。

明治座

 最初の演目、『芦屋道満大内鑑:葛の葉』では、中村七之助が白狐が化けた女房・葛の葉と、本物の葛の葉姫の二役を勤めています。狐でありながら人間である保名を愛してしまった悲しみや子別れの辛さなどを情愛豊かな表現で演じ、女房と赤姫の二役を早替わりで魅せる舞台。女方としては、仕どころの多い魅力的な演目です。
 見せ場の一つに、障子に大筆を使って夫の保名に書きおきの歌を書く場面があります。裏文字を書くとか、左手や口で筆を使うなど技の見せ所となっています。観客の前で実際に筆を持って、障子に書いてゆくのは緊張感もあってなかなか見応えがあります。「七之助も随分頑張っているなぁ〜!」と感じさせます。七之助の成長がうかがえる舞台です。

 二つ目の演目『末広がり』:大名に婚礼に使う末広がり(扇子)を買って来るように命じられた太郎冠者(中村勘九郎)が、商人に都では末広がりとは傘のことだと騙され傘を売りつけられます。これは「末広がり」でないと怒る大名に、都で教わった小舞を囃しながら踊る、面白おかしい狂言舞台です。
 踊りも巧く、ひょうきんな演技は父親譲りの勘九郎にはピッタリの役で、気楽に楽しめる舞台です。ただ気になったのが、勘九郎がまた一段と痩せてしまったことです。頬がこけてゲッソリとしているのが、とても心配です。

 三つ目の演目『女殺油地獄』は、昼の部一番の見所の演目です。近松門左衛門が実話を脚色したもので、人気演目の一つになっています。油商人の河内屋与兵衛(尾上菊之助)は、放蕩の限りを尽くし、借金の返済に困り、同業の豊島屋女房お吉(七之助)に借財を頼みにいきますが断られ、殺してしまうという物語です。
 菊之助の与兵衛が、素晴らしいです。勝手気ままに生きる放蕩息子の心根が透けて見えるような表現と、お金を貸しくれないお吉に対する怒りが狂気へと変わってゆく心情を見事に表現しています。鬼気迫る凄みがオーラのように感じられ、菊之助とういう役者の大きさがどんどん大きくなっていくのを目の当たりしました。
 殺しの場面は、最近では前列から二〜三列目までの観客にビニールシートを配り、油の量をたっぷりと使って水かぶりになるようなエンターテイメントと化した舞台が多くなっています。しかし、今回はエンターテイメント性は排除し、演技を重視した、とても良い舞台でした。油まみれの立ち回りでは、菊之助と七之助の転び方は「人形浄瑠璃」の演出に近いような動きです。
 圧巻は、殺しの後の幕切れの花道の引込みでした。夜も明け始め明るさが差し込んできた舞台。ただならぬ気配に犬の遠吠えがあちこちから聞こえます。狂気から醒めてきた与兵衛は、自分の犯した罪と犬の遠吠えに怯え、足は震え、身体を震わせながら花道を去ってゆきます。余韻の残る素晴らしい舞台でした。

 今回の『女殺油地獄』は、物語性を重視した演出で奇をてらったものをそぎ落とした重厚な出来映えで、「花形歌舞伎」の域を超えているように思われます。歌舞伎の原点に立ち返った、素晴らしい舞台でした。



四月花形歌舞伎 明治座 昼の部
   一 芦屋道満大内鑑 葛の葉
   二 末広がり
   三 女殺油地獄




テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

待ちに待った、幸四郎の『不知火検校』!




 三年前、新橋演舞場で『不知火検校』が上演された時は、その面白さにはまり4回も観に行きました。
 後からもっと観ておけばよかったと後悔(笑)するほどの舞台でした。
 それからというもの、新歌舞伎座のアンケート用紙にせっせせっせと『不知火検校』の再演の要望を書きまくり。
 願いはかなうものですね〜 ♪
 な・な・なんと!ついに希望が叶い、今月「昼の部」で『不知火検校』が上演されています。

四月板絵


不知火検校 

 歌舞伎俳優・立役の醍醐味は、「悪の華」を演じることです。その「悪の華」の中でも『不知火検校』は最大級の悪党で、それを松本幸四郎が勤めています。この役をできるのは、幸四郎を置いて他にはいません。極悪非道も極めると、ここまで来るのか?という、ある意味清々しさを感じます。

 配役は三年前とほとんど変わりませんが、前回の方がパーフェクトな配役でした。検校を取り巻く悪党三人のうち二人が、中村橋之助→市川染五郎、中村亀鶴→尾上松也へと変わったことにより、「悪」が弱まってしまった気がします。

 正直、三年前に観た時ほどの衝撃はありませんでした。なんでも最初に観た時は、インパクトも感動も一番大きいものです。それでもこの舞台は、やっぱり素晴らしい。勝新太郎が演じていた『座頭市』の原作にあたるものです。見比べてみるとわかりますが、不知火検校は桁外れの大悪党で、勝新太郎の座頭市は、つまらない小悪党だな〜と感じてしまいます。

 悪の限りを尽くした検校がお縄になり、引込みの花道で最後に吐く台詞は、圧巻です。

 『てめぇら俺のことを人でなしと言うたな。人非人と言うたな。
  確かに俺は、人非人の人殺し。だが人をののしるその前にてめぇのことを考えてみろ。
  おめぇたちゃ、ちっぽけな肝っ玉に生れついたばっかりに、俺のようなまねも出来ず、
  目明きのくせに面白いことの一つも見ず、せいぜい祭りを楽しむのが関の山。
  そこにいるお役人方も同じだぁ。
  みんな毎年無駄に一つずつ年をとり、こぎたねぇババアやうすぎたねぇジジイとなり、
  挙げ句の果てにゃ、くだらなく野たれ死んでしまうんだ。
  思えば不憫でみじめなやつらだ。
  どうだ! 思い上がったか! わっはっははははははは〜!』


 これを聴くと、何だかスカッとします。これを聴くために来ているといっても過言ではありません。
 最初は笑っていた場内の観客も、途中からシーンと静まり返ります。
 この台詞、役者冥利に尽きるでしょうね。
 満座の客席に向かって一度言ってみたい台詞です。
 悪いことはもちろんいけませんが、人生の最後にこれだけの啖呵が切れるだけの自信をもった、やりたいことをやり尽くした人生をおくりたいものです。

 この舞台は、もう一度一階席で観に行きます。それが『不知火検校』の見納めになるかもしれません。
 この演目をやる俳優は、当分出てこないでしょう。幸四郎も年齢がいっているので、多分この役は最後だと思います。この舞台を観ないと後悔するかもしれません。もし観てみたいという方、席はまだ空いているようなのでチャンスはまだあります。

 昼の部最後の演目、身替座禅もとても面白いですよ。



四月大歌舞伎 歌舞伎座 昼の部
   一 松寿操り三番叟
   二 沖津浪闇不知火《不知火検校》
   三 身替座禅



テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

五代目 中村雀右衛門襲名披露公演(夜の部)



 今月歌舞伎座では、五代目中村雀右衛門襲名披露公演が開催されています。先日、昼の部を観て「今月は、もういいか〜」と思っていたのですが、夜の部の雀右衛門の『雪姫』の評判が良かったので、やはり観ておかないとまずいかなと考え直し観ることにしました。


三月の歌舞伎座


口上 


雪姫 

 雀右衛門の名を継ぐこと=(イコール)赤姫を演じるというのは、いかがなものか?ということは、前回の昼の部でちょっと触れましたが、夜の部の『祇園祭礼信仰記:金閣寺』の雪姫も赤姫の一つです。芝雀の赤姫は、必ずしも合っていると思えなかったので、ちょっと二の足を踏んでいました。

 『金閣寺』の場面は、何と言っても美しく豪華です。舞台の下手には滝が流れ落ち、中央には黄金に輝く金閣寺が大ゼリで上下します。両側に満開の桜が咲き乱れ、舞台全体が華やかな錦絵になっています。隣の外国人が、幕が開くと同時に「ワォ〜!ビューティフル!」と感激していました。まさに息を呑む美しさです。

 雪姫役は、芝雀の時に演じているので初役ではありません。胴体が太いのも赤姫役には災いしていますが、減量もして少しほっそり(笑)した雀右衛門。桜色の着物は、雀右衛門に良く合っています。うつむき加減で身体をねじる姿が何とも可憐です。降りしきる桜の花吹雪に心が揺さぶられ、日本人ならではの情感に訴えてくるものがあります。情景の美しさと雀右衛門の渾身の演技が、ひしひしと伝わってきて、納得のいく素晴らしい舞台でした。

 今回は、観た席も良かったのです。後方ではありますが、一階で観る舞台はやはり違います。



関三奴板絵 

 最後の演目『関三奴』は、15分足らずの短い舞踊ですが、これがことの外面白かったです。
 中村鴈治郎、中村勘九郎、尾上松緑の当代の踊り上手の三人が登場します。同じ踊りを三者三様で踊ります。

 ひょうきんさと柔らかさを兼ね備えた鴈治郎の踊り、リズミカルで切れ味抜群の勘九郎、安定感と型の美しさが絶品の松緑のそれぞれの踊りにすっかり魅了されました。

 素晴らしい幕切れに大満足の「夜の部」でした。観に来て良かった! 来なかったら後悔しているところでした。




三月大歌舞伎 歌舞伎座 夜の部
  五代目中村雀右衛門襲名披露
    一 双蝶々曲輪日記 角力場
    二 口上
    三 祇園祭礼信仰記 金閣寺
    四 関三奴












テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
98位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム