fc2ブログ

ちょっと角度の悪い野鳥写真



 そろそろ野鳥の季節。
 いそいそと望遠レンズを持って生田緑地に出掛けてみたものの、
 まだあまり見かけません。
 暖かいので冬鳥達も出遅れているのでしょうか?
 やっと撮れたものはなんとも悪い角度の写真ばかりでした。


エナガ
 「エナガ」なんですが、これではよく分かりませんね。

メジロ 
 こちらは「メジロ」です。ちょっと俯き加減で肝心の目の周りの白が見えません ^^;

 秋に購入したレンズは、今までより長くて重くてまだ慣れるのに練習が必要な感じです。
 AFは早くて、解像度も抜群なので今後に期待です。








テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

「ホシムクドリ」




ホシムクドリ


 ニューヨークには、望遠レンズを持っていかなかったので、唯一の野鳥の写真です。
 大幅なトリミングに唯一耐えられた一枚。
 少し光っているカラスかなと思っていたら『ホシムクドリ』というムクドリでした。
 写真は、ニュージャージーで撮ったものですが、N.Y.のセントラルパークにも沢山いました。
 日本野鳥の会のフィールドガイドによると、
 数少ない冬鳥または旅鳥として主に九州南部や南西諸島に渡来する日本で見るのは貴重な鳥のようです。
 旅先でも望遠レンズが欲しいなと思うことが度々ありました。
 移動を考えると持ち物は出来るだけ少なく軽くですが、
 珍しい動植物を見ると一眼レフが欲しいなといつも悩みどころです。








テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

新レンズ試し撮り



 そろそろ冬鳥がわたってくる季節。
 新レンズのニコン300㎜ f/4の試し撮りに多摩川へ行ってきました。
 まだ数は少ないですが、鴨達が渡ってきてました。
 コガモがほとんどな感じですが、オナガガモ、ヒドリガモもちょこちょこいるようです。
 新レンズを試すことばかり考えていたので、双眼鏡を持っていくのを忘れ遠くまではよく確認出来ませんでした。

コサギの喧嘩
 単焦点300㎜は明るくて、AFが早く、キリッとした感じで素晴らしいです。コサギの喧嘩シーンです。


コガモ♀ 
 コガモの雌です。写真が小さくて分かりにくいですが、羽の模様がくっきりし顔の細かい毛まで鮮明に写ります。この写真もトリミングで拡大してますが、まだまだ大きく出来そうです。
 

ヒドリガモ♂ 
 中央がヒドリガモ雄です。F値が4になったので、クローズアップが鮮明になってきました。


 今までの、55-300㎜ズームレンズと違い長さも重さも格段に大きく重くなりましたが、なんとか手持ちで頑張れるギリギリといったところです。いままでのレンズではテレコンバーターを着けられませんでしたが、こんどのレンズは、念願の1.4倍のテレコンバーターを装着出来ます。装着すれば420㎜までアップ出来るのでこれまた楽しみです。








テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

キレンジャク初見






キレンジャク


 生田緑地でスミレを探していたら、突然現れました。
 「キレンジャク」
 「ヒレンジャク」というのもあり、違いは尾の先端が黄色いことです。
 頭の毛がものすごく特徴的です。
 慌ててレンズを交換して撮ったので、設定が合わずピンボケ写真になってしまいました。
 なんとか特徴は分かると思います。
 初めて見たので、もっと綺麗に撮りたかった・・・








テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アオゲラ








アオゲラ 

 生田緑地でよく目にするキツツキは「コゲラ」で、一年中見かけます。
 今年の冬は「コゲラ」を見かけることがなく、よく「アオゲラ」と遭遇します。
 昨年まで見かけなかったのは、こちら側に見つける能力がなかったのか、いなかったのか?
 野鳥は一度目にするとよく見つけられるようになるので、たぶんこちら側の問題なんでしょう。
 頭と頬にある赤い丸がとってもチャーミングです。
 大きさは「コゲラ」より大きく、木の幹に縦に留ります。
 日本の固有種なので、日本でしか見られない野鳥です。







テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
129位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム