fc2ブログ

今年のブログをふりかえって!




 ジルベスターコンサートも終わり、年越し蕎麦も食べ、紅白歌合戦を見ながら1年を振り返るブログを書くというのも3回目になりました。
 なんかホッとする時間です。

 
 歌舞伎とネイチャーフォトが半々なブログも始めて2年半。徐々に閲覧件数も上がり、ついに大晦日の本日1万件の大台に乗りました いつも見ていただき本当にありがとうございました。

 正直、書くのが面倒な時も多々あります。写真ブログにしてしまったので、なにかしらのネタがないと書けません。夫婦どちらかが書いて、もう片方が校正するというスタイルなのでなんとか続いている感じです。
 大変ながらもこのブログを始めたお陰で、沢山の辞書と図鑑、専門書と格闘し、文章を綴る難しさも痛感しながら随分と勉強になっています。ネイチャーフォトなどは、ブログがあってこそ続けられているといっても大げさではありません。観劇記では自分の感じたことを文章にする難しさをつくづく感じます。プロの劇評家の凄さを改めて感じました。このブログを見てくださる方々のブログも拝見し、なんて綺麗な写真なんだろう、なんて旨い文章なんだろうと思い、参考にさせていただきながら日々地道にアップし続けていけば、きっと気がつかないうちに会得していくものは多いのではないかと思っています。



 今年のブログの成果としては、ハワイでのリアルタイム日記を載せることが出来たことと、生田緑地を離れた初めてのネイチャーフォトの旅で得た大雪山旭岳の「ウスバキチョウの雌」を載せることが出来たことが大きな成果でした。
ウスバキチョウ♀ 
 「ウスバキチョウ」は旭岳に登らなければ出逢うことができませんが、登ったからといって出逢えたかどうかは分かりません。一時的な強風が吹いたがための偶然のような気もします。もう2度と出逢えないかも知れない貴重な遭遇でした。

 来年も一度はネイチャーフォトの旅に出たいと思います。北に行くか南に行くか現在場所の選定中です。



 そして、当ブログでは欠かすことのできない ^^ 今年の『歌舞伎ベスト10』の発表です。
 えっ!今年も!またか!やっぱり!・・・という声は一切無視して、一人でも多くの歌舞伎ファン獲得のため、いつか松竹から貢献を認めてもらい桟敷席ご招待の栄誉に授かれるため、紅白歌合戦に負けず発表します!!

第一位 「名月八幡祭」6月歌舞伎座 吉右衛門
      舞台の美しさ、吉右衛門の感情の変化の表し方、大詰めの狂気、秀逸の舞台でした。ラストの花道の引込み
     は忘れられません。ここ数年が吉右衛門円熟の舞台であり、当代一の時代物の歌舞伎役者です
名月八幡祭 
(雑誌「演劇界」から抜粋)

第二位 「天守物語」7月歌舞伎座 玉三郎、海老蔵
      いまや見た目の美しさは「海老・玉コンビ」で決まりです。幻想的な美しさです

第三位 「勧進帳」3月歌舞伎座 吉右衛門、菊五郎、藤十郎
      吉右衛門の弁慶、菊五郎の富樫、藤十郎の義経は伝説の舞台になるでしょう

第四位 「菅原伝授手習鑑 寺子屋」10月歌舞伎座 仁左衛門、玉三郎
      勘三郎三回忌追善興行。役者と客席全体が勘三郎への思いを合わせた独特の雰囲気の舞台でした

第五位 「魚屋宗五郎」5月歌舞伎座 菊五郎
      菊五郎の酔っぱらい振りは、とても演技とは思えません。酔っぱらいにも年季が入っています

第六位 「身替座禅」3月歌舞伎座 菊五郎、吉右衛門
      吉右衛門の太くて可愛らしい女形と菊五郎コンビによる抱腹絶倒の迷舞台

第七位 「春興鏡獅子」5月歌舞伎座 菊之助
      最も美しい鏡獅子です。菊之助の持ち味を存分に生かした丁寧で品のある舞踊でした

第八位 「鰯売戀曳網」10月歌舞伎座 勘九郎、七之助
      勘九郎、七之助兄弟が格段に巧くなったと実感の舞台。息の合った上品な喜劇です

第九位 「連獅子」9月歌舞伎座 仁左衛門、千之助
      孫との連獅子というなんとも幸運な仁左衛門の嬉しそうな顔が忘れられません

第十位 「蘭平物狂」6月歌舞伎座 松緑、左近
    「伊賀越道中双六 岡崎」12月国立劇場 吉右衛門
      今年の十位は二つ。
      「蘭平物狂」の立ち回りは歌舞伎演目中随一です。将来が楽しみな左近襲名でした
      「岡崎」は後からじわじわと良さが伝わってくる名場面。歌舞伎座で沼津岡崎の通しに期待


 歌舞伎ベスト10は、総合的に判断しての名舞台なので、必ずしも面白かった作品と一致する訳ではありません。面白かった作品ベスト10と銘打つと全然ちがったもの10作品になると思います(笑)

 そして、今年の歌舞伎以外の作品では次の3つは忘れられない舞台になりました。

 1 ボリショイバレエ「白鳥の湖」ザハーロワ
     忘れることの出来ない伝説の舞台になりました
 2 ボリショイバレエ「ラ・パヤデール」ザハーロワ
     ザハーロワの魅力を存分に感じられる魅惑の舞台です
 3 文楽「菅原伝授手習鑑 桜丸切腹の段」竹本住太夫
     住太夫さんの引退公演。これでしばらくは文楽に行く気にはなれません。

 歌舞伎ベスト10を舞台ベスト10に改めると、ザハーロワのバレエ2作品はベスト10上位入り間違いなしです。
 来年はまたどんな美しい舞台に出逢えるのか。ワクワクする1年でありたいです。

 今日のジルベスターコンサートは1年を締めくくるのに相応しいとても素晴らしいコンサートでした。私達にとっては歓喜する程素晴らしい内容だったんです。何がそんなに素晴らしかったかは、年が明けて2日か3日のブログでご紹介する予定です。
 

 今年もありがとうございました。よいお年をお迎えください。
  よいお年を 
      

      

      










テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ぜひ2015年は海のベスト10を!
2年半ですか。早いものですね。10年、50年と続けてくださいね(^O^)/

tamayaccoさん

海のベストテンも出したいんですけど、本数が少なくてなかなか・・・。
歌舞伎ならベスト20も30も100も出せるんですけど ^^;

ブログの頑張りは皆さんの応援にかかっています。今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

南十字星

Author:南十字星
 自然観察と歌舞伎が大好きな夫婦でつくっているブログです。生田緑地と伊豆海洋公園をフィールドにネイチャーフォトを楽しんでます。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


FC2カウンター
フリーエリア
ポチッと押してもらえると励みになります。  ↓
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
50位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム